スポンサー広告
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文学・歴史
風に吹かれて風の歌を聴け
(0) cmts.   (0) tbks.
考えるセイウチくん ロング2


びっくりですね、しかも速報で出ましたよ、ノーベル文学賞にボブ・ディランって。
吟遊詩人だし、よく考えたら良いじゃないか!とは思いましたけれど、でも何故今?
ご本人コメント一切しないでシカト中っていうのもいかにもな感じでそれも良い!
それならそれでずっと無視しててください面白いから!と思いました。

それはそうと毎年、誰がなんで騒ぐのかわからないノーベル文学賞。
ムラカミさんの作風はブンガク賞向きじゃないと思うのだけれど。
そして毎回あんなに騒ぐのは、とっても失礼だと思うのだけれど。
と思っていたら、おぎやはぎのおふたりが発言されました。
(あんなに騒いで気の毒だ、ほんとにファンなのか?と)

私、ムラカミ作品は好きでけっこう読んでいるほうなのだけれど、
そう言うと聞いた人のリアクションが「???」となるのです。
ふだん私が好んでいるものと、同じ側のものだと思えないみたいです。
どんな趣味と思われているのか、こちらこそ「???」なのですが。

「ノルウェイの森」のせいなのかなあ多分、と思います。
どうやらムラカミ作品というとこれしか読んでいない人が多いみたいで。
ロングベストセラーというか定番で、いまだに本屋に行くとあるし。
映画化されてたりもして有名だし何よりそれほど長くもない…ということで。

で、これは俺には合わない…と思って、みなさん次は読まないようです。
もったいないね。
実はこれは私が読んだ中で、いちばん好きじゃない作品なのです。
好きなのは超長編小説で、しかも長ければ長いほど面白いと思っています。

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」とか、
「ねじまき鳥クロニクル」とか、読むのに躊躇する分厚い重い分冊のやつね。
最近聞いた話だと、「ノルウェイ~」はアジアでは人気だけれど、
ヨーロッパではあまり売れないとか。

そうなると欧米と亜細亜では彼の作品に対するイメージが、
かなり違うということなのかもしれません。
さきほど挙げた超長編小説は、かなりファンタジー風味なので。
ファンタジーとかSFは、ナントカ文学賞を選ぶ先生方はあまりお好みではないみたい。
(下に見ている人が多いのでしょうね、やな感じー)

もしムラカミ作品を敬遠している方がおられましたら、
秋の夜長、ためしに読んでみてください。
長~いなが~い、デカい弁当箱よりも分厚いやつを。
でも1冊が重いからね、手に取りたくないか。
(腰をやられそう)

で、今日の写真なのだけれど、先日八景島シーパラダイスに行ったら、
立ち泳ぎしながら静かにくるくる廻っているセイウチくんがいたのです。
これがね、肘を曲げて頬杖ついているような感じで、まさにロダンの考える人のポーズ。
このスタイルのままでゆったりと回転してるの。

すごくかわいくて、でもゆったりとは言えそこそこのスピードで廻っているので、
私の二つ折りケータイではベストショットというわけにはいきませんでした。
反対側からのショットのほうが腕の感じはわかるのだけれど、
このほうが表情が良い感じ。

で、シーパラ行った2~3日後のこと、風呂の中でワンセグを観ていたら、
TV画面にまさにこの子が!
えええええ~~~~~!
私知ってるよ、この子知ってるよ!

…となって。
それはEテレの2355という番組で、けっこう好きなので時々観てはいるのだけれど。
深夜0時になる直前の5分間に、面白い動画が観られる番組なのです。
「考えるセイウチ」と言っていて、実はけっこう有名人だったみたい。

何かを考えている表情ですよね。
海獣系ってすごく人感があって面白い。
中味おっさんでしょ?っていう。
私もせめてこれくらい考えたいと思います、色んな事。
(と、まさにこのセイウチくんのような状態で風呂に浸かりながら思った次第)


考えるセイウチくん アップ2


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

芸能・音楽
ちょっと話が長々しいかもしれないけれど、秋なので。
(0) cmts.   (0) tbks.
ら・ら・ら


TVの中でなんだか不穏なことが進んでいるようで、
そのことで普段温厚な私も、今回ばかりは深く静かに怒りを感じていて、
どうしても伝えておきたいと思ってしまいました。
この問題の本質にあるのはとてもたいせつなことなので、
ご自分には関係の無いミーハー芸能ネタと思わずに聞いてほしいのです。

常に「今年いっぱいでかいさんする~」という枕詞をつけて報道されている、
とある男性5人組のみなさんについてです。
全く興味の無い方には何を騒いでいるのか何の事かさえわからず、
多少話を聞いておられる方でさえ「いつまでもダラダラうるさいね(内心イライラ)」、
「忘れてたよかいさんするんでしょ(しつこい)」等と感じておられるのではないでしょうか。

ネットをやっているみなさんなら多少は感づいておられるのかもしれませんが、
インターネットって、細いスリットから世間を覗いているような世界なので、
興味の無いことに関しては、一切情報が入って来ないと思います。
私は興味の無い人にこそ知ってもらいたいので、ちょっとだけ発言することにしました。
既に知っている方には、な~んだそんなこと、な話です。

あっさり言ってしまうと、彼らは「仲が悪いので解散します!」と報道されているのです。
「報道されている」と書いたのは、本人たちが言っているわけではないからです。
あくまでも所属事務所がそのように発表させた、と多くの人が認識しています。
某大御所俳優さんは、こういうことは本人たちが決めることではない、とまではっきりと。
そんなことってあるのでしょうか?あるみたいです、21世紀になっても。
(鉄腕アトムもドラえもんも、もう生まれているはずの21世紀に、です)
(ロボットでさえ…という…そこに彼らの人間としての意志は反映されないの?)
(そしていちばん問題なのは、そのことを一切TVで触れようとしないことなんですけどね)

ここまで言っているのに何故はっきりと固有名詞を言わないのか、
かいさんなんてひらがなで書いているのか、と思われるでしょうが、
それというのも検索でたくさんの人がやって来るのを防ぎたいからなのです。
私としてはこの事を本当はもっと広めたいのはやまやまなのだけれど、
せめてここに来られているごく少数の方にだけでも興味をもっていただければ…と。

実は更新が途絶えていた間にも私のブログ内で、ちょっとだけ追加した部分があります。
元々あまりリンクを貼らないほうなのだけれど、右側に、いくつか増えています。
このことについて詳しく書いてあるサイトやブログを貼りました。
きちんと書くととても長くなりますし、私にはこれ以上詳しく書く情熱はありませんが、
たくさんのファンの皆さんが協力しあって真実を追求しています。

読み物としても、なるほどと思えるものです。
ちょっとでも興味をお持ちの方は、お暇な時に一読されると面白いと思います。
推理小説的な要素もあり、大河ドラマ?というくらい、広がっていくストーリーです。
ほんとうは何が起きているのか起きていないのか、知る術も無いですが、
私は彼らが不当に落としめられるような世論にならないことを願っています。

あまりTV等でとりあげられなかったのでご存じない方が多いと思いますが、
彼らは忙しい中、多くのボランティア活動を行って来ました。
右のリンクにある財団は、彼ら5人と、あとおふたりの著名人が発起人になっています。
立ち上げる時リーダーは(こんな活動に参加すると)事務所に怒られると言っていました。
この言葉、重く受け止めておこうと思います。

この件に関して少しでも興味をもった方は、詳しくは右の link から飛んでみてください。
管理画面の真上にある、一番下の「さくさく」が、わかりやすい入門編です。
やや詳細なのが下から二番目の「のん。さんのブログ」。
そして詳しく知りたい方のための「てっぺんのそこ」です。
これはかなりの力作なので、お時間のある時に、または一部分でもどうぞ。

登場人物の顔がわかっているので読みやすいとは思いますが、
あまりにも興味が無いのでそれさえわからないとおっしゃる方は、
お好きな俳優さんをキャスティングしてみてください。
事実は小説より奇なり…とは、よく言ったものです。
妄想じゃないの?と言われるかもしれませんが、彼女たちは冷静です。
(きちんと証拠をあげています)


私のブログはいちおう右クリックはできないように設定してはおりますが、
この件について、この記事を切り取ってどこかに貼ったり、
直接リンクしたりしないでくださいね、よろしくお願いします。
私は静かな生活を望んでいるので、この話は今回で終了(のつもり)です。
でもって、今日の写真の花はダリアですが、ラララという品種だそうです。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

続きを読む

科学
民間療法?
(0) cmts.   (0) tbks.
恐怖の館


前回の記事で、ジェットコースター系に乗ると昼間の眠気に効き目がある「かも」。
…てなことを書いたのだけれど、(私調べ)
ヤフーニュースを見ていたら、腎臓結石を排出する効果がある…って。(byCNN)

米ミシガン州立大学のデービッド・ウォーティンジャー教授という方が、
患者さんがディズニーワールドのビッグサンダーマウンテンに乗ったら、
結石が3個排出された…って、どうやらこっちは事実みたい。

シリコンモデルを使ってちゃんと実験してみたら、64%の確率で結石が出たのだそう。
4ミリ以下の小さい物にしか効果は無いみたいだけど。
縄跳びしたら出たってコメントしてる人もいたけれど、そんなもんなのね。

一方で、理解はできるもののどの程度治療に役立つかわからず、
実際に患者に勧めることはないと語っておられる先生も。
そりゃそうだ。

だけど医学的に証明されていなくても、
みんなそれぞれ身近に経験則から編み出した独自の療法があって、
案外あなどれないんだろうなあ。

今日の写真はディズニーシーのタワーオブテラー。
そうです、うちの旦那が乗ろう!と言ったアトラクションでございます。
この中を垂直に落ちるのよ、私が、乗れる、わけがない!


↓こちらのほうも、ちょっと、かる~くクリックしてみてくださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


ノンセクション
休日 (その4:再生の巻)
(0) cmts.   (0) tbks.
バイバイ、またね。


まるで録画してあったビデオが再生されるように、
私たちは同じアトラクションに乗り、同じ鉱山の奥深く、突入して行きました。
数時間前に見たことのある景色です。

私は軟弱な体を守るため、全身のなけなしの筋肉を動員して構えました。
あああ、でも違う!急坂の頂点から、ほぼ真っ暗闇に近い状態を疾走するトロッコ。
…ここからは未体験ゾーン!

ぅおーぅおーぅおーぅおー!……。
ぅおーぅおーぅおーぅおー!……。
ぅおーぅおーぅおーぅおー!……。
(四分の七拍子で叫んでみて)

ごめん、ごめん、ごめん。
私、カーブで隣の細い女性を押しだしそうなくらいに、ぐいぐい押していました。
危険です、これは非常に危険な行為です。

しかも!けっこう!長い!

で、ゴールした時にはもう、足腰が立たなくなっていました。
(バラエティ番組ではないけれど)
もたもたしていて、また動きだしたりしたらたまりません。
ふらふらしながら膝と背骨を伸ばし、よろよろと立ちあがりました。
(数分で十歳くらい老けた感じ)

外に出た時には、あたりはすっかり夜になっていました。
出口の暗がりのところに、さっきの三人連れの母子がいます。
よほど恐かったのでしょう、女の子が泣いていて、いっこうに泣きやみません。
(かわいそうに恐かったね、私も恐かったよと、遠くからそっと声をかけました)

こんな恐怖体験をした私。

ところがですね、これがもしかしたら睡眠障害に効くかもしれないという話。
このところずっと、日中やたらと眠くなるという困った症状に悩まされていたのですが、
翌日から、それがまったく無くなったのです。

もしかしたらショック療法として、効き目があったのではないでしょうか。
秋風が吹いて涼しいこの頃ですが、昼間眠いとおっしゃるそこのあなた、
一度試してみてはいかがでしょう。


---完---


今日の写真はディズニーシーのショーウィンドーです。
これが若いお嬢さん方に大人気の猫のキャラクター、ジェラトーニくんです。
とっても可愛いです。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


ノンセクション
休日 (その3:予兆の巻)
(0) cmts.   (0) tbks.
不思議な夕暮れ


イイ感じじゃないですか?私。
今のところ一日置きに更新しております。
順調です、偉いです、褒めてやりたいです。
(↓で、続きです)

けっきょく「安全装置が働いたので」という説明はありましたが、
緊急停止の原因については訊けませんでした。
で、件の通行手形ですが、これを何に使ったかというと…。

ここでタワーオブテラーに乗りたいなどと無茶なことを言い出す奴が。
はい、うちの旦那です。
え?旦那さん?離婚でもしたんじゃなかったの?という方もおられるかもしれません。

はい、私、言葉が足りませんでした。
再開初日、詩的な言い回しだったため、誤解した方もおられたことでしょう。
幸いな事に私の老後は、まだまだ現在の旦那さんと共にあるようです。

はい、そんでそのB型の面倒な旦那がですね、
じいさんのくせに、乗るって言うんですよ、すんごい高い所から、垂直に落ちるんですよ。
私も「ええ~~~~っ」とか言いながら、あえて反対はしませんでした。

でもね、最初のほうでも書きましたけど私、脊椎に疾患があるのですよ。
で、しばらく迷った末に、おずおずとお断りしました。
あんたたちで乗って来な!私は待ってるから…と。

すると根はやさしい彼ら(複数)、そんなに言うならやめようと言ってくれて。
で、後でまた前を通りかかると、復帰しているではないですか、センターオブジアースが。
なので、再挑戦することとなってしまいました。

一度現場で、どのくらい傾斜しているのか等の下見が済んでいるので、
なんとなく気が楽な気はしました。
すぐに入場して、すぐに乗車です。

いやいやいやいや…。
気が楽って私、随分と見栄をはったもんだ。
気が楽じゃないですよね、びょ~き持ちだし。

でも私たちの前のグループは小さな女の子とお兄ちゃん、おかあさんの三人組。
女の子は身長がぎりぎりだったようで、計ってOKをもらっていました。
あんな小さな子がウキウキしながら入って行ったのです、こちらだって見栄くらいはね。

…と、往年の「巨人の星」並みに引っ張る感じですが、
すみません、本日はここまで!その4に続きます。
いやあ、思いのほか疲れるんで…すまん!以下次号!
(写真はディズニーシーの不思議な夕暮れです)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
ノンセクション
休日 (その2:挑戦の巻)
(1) cmts.   (0) tbks.
station.png


元々コースター系の乗り物はとてもとても苦手なので、
もう人生でこんなのに乗ろうと思うのなんてこれが最後かも…と思って、
乗ることにしました、センターオブジアースっていうのに。

「脊椎に疾患のある方、ご高齢の方、乗り物に酔いやすい方はご遠慮ください…」って。
書いてある、ううむ、私あてはまってるけど…。
(ご高齢は自己申告だからあれだけど、前は年齢制限があったような記憶)
と、いざ入口に立ってみてからまた迷ったのだけれど、乗りました、思い切って。

それが、私としては珍しく冷静で、周りの物がよく見えるわけです。
今迄はこういったものに乗る時はほとんど目をつぶっていたので、
私もいよいよ悟ったな、恐いものなくなったかな、と思いました。

トロッコみたいな乗り物で鉱山の奥深く潜って行く設定のアトラクションで、
きらきら光る鉱石や不思議な動植物が…。
う~んと…あ、いや、もう忘れました、どんなんだったっけ。
(あれ?冷静だったはずじゃ…)

そうです、だんだんと冷静ではいられない状況になってきたのです。
トロッコは急に坂をぐんぐん上って行って、そういえばこれって…。
そうだよ、出口に落ちてるところの写真が出る、あれ!

いやあああああああ~~~~~~~。
と~~~~~め~~~~~~て~~~~~~~!!!!
と思った瞬間。

止まったのです、坂の頂上で乗り物が急に、ほんとうに。
あああぁぁぁ…嫌なタメだなぁ。
もう、もったいぶらずに早く落ちて終わっちゃってよ。

と、待てどくらせど一向に動かないのです。
おかしいな、と思いはじめた瞬間、あたりがぱっと明るくなって、
「係の者が参ります、そのまましばらくお待ちください」との館内放送が。

事故ですか?
煙でも出てるんですか?
でもなんだかちょっとほっとする私。

しばらく待たされてから来たおにいさんとおねえさんに誘導されて脱出しました。
こんな面白い事は無いと、すこし楽しくなってしまって写真を撮っていたら、
すごくやさしく「お写真はご遠慮くださいね」と言われてしまいました。

なのであまりくわしくは申せませんが、近くで見てもとても精巧にできているセットで、
かなり長く歩かされ、この先かなり斜めの傾斜がキツイということがわかりました。
うわ、これは…たいへんそう…と、すでに他人ごとになってしまった私。

無事生還した後に、係の方に何やら紙切れをもらいました。
とっても小さな文字でよくわからなかったのですが、
今日中のみ一回限定で、ほとんどのアトラクションに待たずに乗れる通行手形でした。

すみません、またひっぱるほどの事かと言われそうですが、本日もこれにて。
続きはまた次回です(長い)。
で、写真はエレクトリックレールウェイというアトラクションの駅構内です。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

ノンセクション
休日
(0) cmts.   (0) tbks.
MIJ


しばらくブログを休んでいる間、ずっとヨーロッパに滞在していました。
なーんて、お散歩中の高田純次並に全員にスルーされそうなくらいの、
そんな毎度ありの有り得ない嘘です。

ディズニーランドに行ったと書いたけれど、
前回言いたかったのは、正しくはディズニーシー。
ランドとシーの違いなんて、興味の無い人にはなんじゃらほいかもですが。

シーは従来のディズニーのキャラを前面に押し出していなくて、
どちらかというと大人向け。
お酒も飲めるし食事も美味しい…と、思います。

こんな感じのヨーロッパの街並みがあったり、
アラジンに出てくるアラビア風の街角があったり。
ベニス風のゴンドラもあって、これは船上から撮った写真なのです。
(あくまで何もかも~風)

なんだか見たことないキャラクターだけど、すごく可愛いぬいぐるみがあって、
向こうから歩いてくる女の子たちが、みんなそのポシェットを下げていたので、
私もそれを買って、一日ぶら下げて歩いてみました。

おばさんでそんなもの下げている人は一人もいなかったけれど、
おかげで一日アホみたいで、すごく楽しかった。
シーではあんまり被りものかぶってる人っていないんですよね。

これがジェラトーニという猫のキャラクターなのですが、
東京ディズニーシー発のキャラなのだそうです。
日本で人気が出て、今は諸外国でもあるみたいです。
(そこはあんまり詳しくない)

で、ここまではのんびり平和に平日の遊園地を楽しんでいたのですが、
この後私はとんでもないことに…。
って、苦手なコースター系にチャレンジするわけですが。

久々のブログなので疲れました。
続きは次回に!
な~んて、生意気に続くのかよ~。

無理しない。
(老婆の休日と言うコメントは受け付けない)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


∧top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。