← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
スポンサー広告
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノンセクション
卵の親父はピヨコちゃん
(0) cmts.   (0) tbks.
め・だ・ま・や・き・クラゲ


水族館に行った時の写真が続いていますが、
これはフライドエッグジェリーフィッシュと言って、
その名の通り、目玉焼きのように見えるクラゲです。

TVでも取り上げていたことがあるのでご存じの方も多いと思いますが、
ネットで調べてみると、もっと目玉焼き感の高い写真が多数。
でも私の見たこれは、ほんとにまあまあこんな感じ。
(二つ折りケータイのカメラだし…と、元々言い訳するための二つ折りケータイ)

触手の形が違っていたりもするので、産地によって色々種類があるのかな。
で、何故に今日はこの写真からはじまったのかというと、
卵の話をしたかったので。

何年か前、我が家の玄関先にある椿の大木に、
ヒヨドリの巣があったという話をしたことがあります。
調べてみたら2013年4月4日だったので、どうやら2012年の出来事のようです。

で、今年はキジバトが巣を構えているのです。
あの、早朝に田舎の農道を歩いていると聞こえてくる、
「ぽーぽーすっぽぽー」と長閑に鳴くやつです。

玄関を出てすぐの所にあるので、本来なら大変迷惑。
このあいだ遊びに来た弟が、さっそく肩の上にフンを落とされたり。
けれども誰にも憎まれず、呑気に卵をあたためておりました。

だってこれがですね。
ぱちくりと可愛い目を見開いて、身じろぎもしないでこちらを見ているのですよ。
瞬きもせず、ほんとにぴくりとも動きません。

旦那さんが最初に見つけた時は近づくたびに逃げていたそうなので、
卵を温めるのが本格化したのでしょう。
動かない方が目立たないのだと思います。

で、しばらく見守ることにしました。
追い払うなんて、そんなことできません。
向こうも慣れてきたのか、「おはよう」というと、動いたり瞬きをしたりするようになりました。

私たちに場所を知られても安心と思うようになったのでしょう。
けれどもそれ以外はほんとに動かないので、どこにいるのかわかりません。
ああいう鳥って普段どこにいるのか疑問でしたが、案外身近にいたのですね。

で、ほんとうは名前をつけると何かあった時に嫌なのですが、
旦那さんなどはポッポと名付けて、毎朝あいさつしておりました。
もう、完全にペット状態です。

そんなある日の午後のことです。
ふたりとも食卓でPC作業をしていたところ、ポッポの叫び声が。
「ぽーぽーすっぽぽー」と一声。

ほとんど早朝に鳴くことが多く、ましてや卵をあたためはじめてからは、
目立たぬよう、声も立てぬよう、巣を離れる事もせず。
じっとしていた彼女が、とつぜん鳴き声をたてたのです。

あまりに退屈で嫌になり、もうやってらんないぜ!との叫びだったのでしょうか。
ずっと巣にじっとして、おそらく餌も食べていないであろう彼女。
旦那はいったい、何処へ何しに行ったんだ!
(ぜったい浮気だと思うよ、やってらんないよ、ポッポちゃん)

…という事が一度だけありましたが、
どうやら卵は無事に育った模様です。
だって昨日の朝、旦那に教えてもらって巣を見ると…。

…ヒナが孵っていたのです。
そりゃあもう可愛らしいふわっふわグレーのヒナが見えます。
親鳥の口元に群がって、首を伸ばして餌をもらっていました。

キジバトの餌はピジョンミルクというのが親鳥から分泌されるらしいので、
しばらくの間ヒナはそれで大丈夫なのだろうけれども、母は飲まず食わずなのだろうか。
それにしても卵の親父、ピヨコは何処行ったのだろう。

早く、帰って、来い!


ポッポたち


これは昨日撮りそこねたポッポ母子なのですが、
よくわからないでしょ、それでもこのカメラではよく撮れた方だと思う。
肉眼で見ても何処にいるのか分からないくらい、ほんとに旨く隠れています。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Comment

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://habotanhouse.blog.fc2.com/tb.php/581-e3a7b3c0

Trackback

∧top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。