← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
スポンサー広告
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文学・歴史
風に吹かれて風の歌を聴け
(0) cmts.   (0) tbks.
考えるセイウチくん ロング2


びっくりですね、しかも速報で出ましたよ、ノーベル文学賞にボブ・ディランって。
吟遊詩人だし、よく考えたら良いじゃないか!とは思いましたけれど、でも何故今?
ご本人コメント一切しないでシカト中っていうのもいかにもな感じでそれも良い!
それならそれでずっと無視しててください面白いから!と思いました。

それはそうと毎年、誰がなんで騒ぐのかわからないノーベル文学賞。
ムラカミさんの作風はブンガク賞向きじゃないと思うのだけれど。
そして毎回あんなに騒ぐのは、とっても失礼だと思うのだけれど。
と思っていたら、おぎやはぎのおふたりが発言されました。
(あんなに騒いで気の毒だ、ほんとにファンなのか?と)

私、ムラカミ作品は好きでけっこう読んでいるほうなのだけれど、
そう言うと聞いた人のリアクションが「???」となるのです。
ふだん私が好んでいるものと、同じ側のものだと思えないみたいです。
どんな趣味と思われているのか、こちらこそ「???」なのですが。

「ノルウェイの森」のせいなのかなあ多分、と思います。
どうやらムラカミ作品というとこれしか読んでいない人が多いみたいで。
ロングベストセラーというか定番で、いまだに本屋に行くとあるし。
映画化されてたりもして有名だし何よりそれほど長くもない…ということで。

で、これは俺には合わない…と思って、みなさん次は読まないようです。
もったいないね。
実はこれは私が読んだ中で、いちばん好きじゃない作品なのです。
好きなのは超長編小説で、しかも長ければ長いほど面白いと思っています。

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」とか、
「ねじまき鳥クロニクル」とか、読むのに躊躇する分厚い重い分冊のやつね。
最近聞いた話だと、「ノルウェイ~」はアジアでは人気だけれど、
ヨーロッパではあまり売れないとか。

そうなると欧米と亜細亜では彼の作品に対するイメージが、
かなり違うということなのかもしれません。
さきほど挙げた超長編小説は、かなりファンタジー風味なので。
ファンタジーとかSFは、ナントカ文学賞を選ぶ先生方はあまりお好みではないみたい。
(下に見ている人が多いのでしょうね、やな感じー)

もしムラカミ作品を敬遠している方がおられましたら、
秋の夜長、ためしに読んでみてください。
長~いなが~い、デカい弁当箱よりも分厚いやつを。
でも1冊が重いからね、手に取りたくないか。
(腰をやられそう)

で、今日の写真なのだけれど、先日八景島シーパラダイスに行ったら、
立ち泳ぎしながら静かにくるくる廻っているセイウチくんがいたのです。
これがね、肘を曲げて頬杖ついているような感じで、まさにロダンの考える人のポーズ。
このスタイルのままでゆったりと回転してるの。

すごくかわいくて、でもゆったりとは言えそこそこのスピードで廻っているので、
私の二つ折りケータイではベストショットというわけにはいきませんでした。
反対側からのショットのほうが腕の感じはわかるのだけれど、
このほうが表情が良い感じ。

で、シーパラ行った2~3日後のこと、風呂の中でワンセグを観ていたら、
TV画面にまさにこの子が!
えええええ~~~~~!
私知ってるよ、この子知ってるよ!

…となって。
それはEテレの2355という番組で、けっこう好きなので時々観てはいるのだけれど。
深夜0時になる直前の5分間に、面白い動画が観られる番組なのです。
「考えるセイウチ」と言っていて、実はけっこう有名人だったみたい。

何かを考えている表情ですよね。
海獣系ってすごく人感があって面白い。
中味おっさんでしょ?っていう。
私もせめてこれくらい考えたいと思います、色んな事。
(と、まさにこのセイウチくんのような状態で風呂に浸かりながら思った次第)


考えるセイウチくん アップ2


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Comment

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://habotanhouse.blog.fc2.com/tb.php/579-7f18bd89

Trackback

∧top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。