← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
スポンサー広告
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノンセクション
休日 (その3:予兆の巻)
(0) cmts.   (0) tbks.
不思議な夕暮れ


イイ感じじゃないですか?私。
今のところ一日置きに更新しております。
順調です、偉いです、褒めてやりたいです。
(↓で、続きです)

けっきょく「安全装置が働いたので」という説明はありましたが、
緊急停止の原因については訊けませんでした。
で、件の通行手形ですが、これを何に使ったかというと…。

ここでタワーオブテラーに乗りたいなどと無茶なことを言い出す奴が。
はい、うちの旦那です。
え?旦那さん?離婚でもしたんじゃなかったの?という方もおられるかもしれません。

はい、私、言葉が足りませんでした。
再開初日、詩的な言い回しだったため、誤解した方もおられたことでしょう。
幸いな事に私の老後は、まだまだ現在の旦那さんと共にあるようです。

はい、そんでそのB型の面倒な旦那がですね、
じいさんのくせに、乗るって言うんですよ、すんごい高い所から、垂直に落ちるんですよ。
私も「ええ~~~~っ」とか言いながら、あえて反対はしませんでした。

でもね、最初のほうでも書きましたけど私、脊椎に疾患があるのですよ。
で、しばらく迷った末に、おずおずとお断りしました。
あんたたちで乗って来な!私は待ってるから…と。

すると根はやさしい彼ら(複数)、そんなに言うならやめようと言ってくれて。
で、後でまた前を通りかかると、復帰しているではないですか、センターオブジアースが。
なので、再挑戦することとなってしまいました。

一度現場で、どのくらい傾斜しているのか等の下見が済んでいるので、
なんとなく気が楽な気はしました。
すぐに入場して、すぐに乗車です。

いやいやいやいや…。
気が楽って私、随分と見栄をはったもんだ。
気が楽じゃないですよね、びょ~き持ちだし。

でも私たちの前のグループは小さな女の子とお兄ちゃん、おかあさんの三人組。
女の子は身長がぎりぎりだったようで、計ってOKをもらっていました。
あんな小さな子がウキウキしながら入って行ったのです、こちらだって見栄くらいはね。

…と、往年の「巨人の星」並みに引っ張る感じですが、
すみません、本日はここまで!その4に続きます。
いやあ、思いのほか疲れるんで…すまん!以下次号!
(写真はディズニーシーの不思議な夕暮れです)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Comment

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://habotanhouse.blog.fc2.com/tb.php/573-a0317044

Trackback

∧top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。