← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
ノンセクション
休日 (その2:挑戦の巻)
(1) cmts.   (0) tbks.
station.png


元々コースター系の乗り物はとてもとても苦手なので、
もう人生でこんなのに乗ろうと思うのなんてこれが最後かも…と思って、
乗ることにしました、センターオブジアースっていうのに。

「脊椎に疾患のある方、ご高齢の方、乗り物に酔いやすい方はご遠慮ください…」って。
書いてある、ううむ、私あてはまってるけど…。
(ご高齢は自己申告だからあれだけど、前は年齢制限があったような記憶)
と、いざ入口に立ってみてからまた迷ったのだけれど、乗りました、思い切って。

それが、私としては珍しく冷静で、周りの物がよく見えるわけです。
今迄はこういったものに乗る時はほとんど目をつぶっていたので、
私もいよいよ悟ったな、恐いものなくなったかな、と思いました。

トロッコみたいな乗り物で鉱山の奥深く潜って行く設定のアトラクションで、
きらきら光る鉱石や不思議な動植物が…。
う~んと…あ、いや、もう忘れました、どんなんだったっけ。
(あれ?冷静だったはずじゃ…)

そうです、だんだんと冷静ではいられない状況になってきたのです。
トロッコは急に坂をぐんぐん上って行って、そういえばこれって…。
そうだよ、出口に落ちてるところの写真が出る、あれ!

いやあああああああ~~~~~~~。
と~~~~~め~~~~~~て~~~~~~~!!!!
と思った瞬間。

止まったのです、坂の頂上で乗り物が急に、ほんとうに。
あああぁぁぁ…嫌なタメだなぁ。
もう、もったいぶらずに早く落ちて終わっちゃってよ。

と、待てどくらせど一向に動かないのです。
おかしいな、と思いはじめた瞬間、あたりがぱっと明るくなって、
「係の者が参ります、そのまましばらくお待ちください」との館内放送が。

事故ですか?
煙でも出てるんですか?
でもなんだかちょっとほっとする私。

しばらく待たされてから来たおにいさんとおねえさんに誘導されて脱出しました。
こんな面白い事は無いと、すこし楽しくなってしまって写真を撮っていたら、
すごくやさしく「お写真はご遠慮くださいね」と言われてしまいました。

なのであまりくわしくは申せませんが、近くで見てもとても精巧にできているセットで、
かなり長く歩かされ、この先かなり斜めの傾斜がキツイということがわかりました。
うわ、これは…たいへんそう…と、すでに他人ごとになってしまった私。

無事生還した後に、係の方に何やら紙切れをもらいました。
とっても小さな文字でよくわからなかったのですが、
今日中のみ一回限定で、ほとんどのアトラクションに待たずに乗れる通行手形でした。

すみません、またひっぱるほどの事かと言われそうですが、本日もこれにて。
続きはまた次回です(長い)。
で、写真はエレクトリックレールウェイというアトラクションの駅構内です。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Comment

うえー、すごーい!
私思ってましたよ。
緊急事態になっても絶対救助されない。
あの高いとこのハシゴや通路なんて歩けないって。
でも、そのあとは待たずに何でも乗れるのね。
って、乗りたないっていうのに!
レストランとかでその通行手形使いたいです。

こみ »  URL »  2016.09.19 21:51 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://habotanhouse.blog.fc2.com/tb.php/572-4ab9aa5d

Trackback

∧top