スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

号泣するには訳がある

雨上がり


若い頃、出版社でアルバイトしていた時に仲良くなった友だち。
なんだか気が合うので今でも時々会うのだけれど…。
「そういえばあの人なんていったっけ、よく女の子の肩揉んでる人いたけど。
あれ、今思えばセクハラだよね」と言う。

「そうだよ、今やったら大変なことだよ、私もやられたよ。
気づかないでやってるとこがタチ悪いんだよ」と、私。
何故そんな古い話がはじまったのかはわからないが、
彼女は当時のことを、連綿と語りはじめた。

いつだったかそのセクハラおじさんは自分の失敗を彼女のせいにしたらしく、
私は忘れていたのだが、悔しくて、秘かに泣いていたのだそうだ。
「そんな自分がなんだか情けなく思えてさ~」遠い目をして言う。
それでトイレで泣くのをやめて、席に戻って、そこで堂々と号泣したらしい。

ああそうか、それでその人は私にばかりしょうもない種類の仕事を頼んでいたのか。
数十年たって、ようやく判明した事実。
見るにみかねた美人のお局様が注意してくれたこともあったが、
おじさんは自分でできない仕事でいっぱいいっぱいなので、結局誰かに頼むことになる。

その人を全く信じていなかった私は、「これ、捨てておいてね」と言われたゴミも、
そのまま自分の机のセンター引き出しにしまって、寝かせておいた。
そうすると何日かたつと必ず「あ、あれどうした!」と言ってくるので、
「旦那、ここにありやすぜ」とばかりに出してみせるのだ。
(ここで捨てたと言うと私のせいにされたのね、きっと)
(逆に言うと私が甘やかしたせいで、彼女が泣くはめになったのか、ごめんよ)

セクハラおじさんは指示を出すのもヘタだった。
「あ~あのね、あれをああしてこうして、んで、こうしといてね」と、ほんとに言うのだ。
ほとんどの人は全く意味がわからないか、わからないふりをする。
ところが困ったことに、私はわかってしまうし、やってあげてしまうのだ。

そんなこんなで面白そうな良い仕事は他の人に行ってしまい、
おかげで私はストレスで胃の調子を悪くして、バイトをやめてしまった。
歳をとってすこしは拒否できるようになったが、これも性格なので、仕方がない。
で、私の人生は今でもそんなかんじだ。

きっと、たまには泣いたほうが良かったんだと思う。
子供じみてはいるが、「私は全力で抗議しているのだ」という、
わかりやすい意思表示にはなる。
ストレスホルモンが涙と一緒に排出されるので、そういった意味でも良いらしいし。

でもさ、ここぞという時、泣けないんだよね、私。
でもってそのストレスが胃だのなんだのと、本体にきてしまう…と。
理路整然と拒否するよりも、泣いたほうが効果があるのだろうなあ。
ま、この歳になって泣いてみてもしょうがないか。
(いるけどね、この歳になってもすぐ泣くオバハン)

でも、抗議のために泣くのは良しとして、
泣きながら謝る人だけは嫌だな、やっぱり。
だって泣くのは攻撃だもの。
謝ってるはずなのに攻撃してるってなんなの?と、私は思う。

正しい謝罪の仕方みたいなマニュアルがあって、泣くのは効果的らしい。
でも私は泣きながら謝るやつって信用できないのだ。
前に記者会見で自分の失敗をきちんと説明して、冷静に謝った芸能人がいたけれど、
ますます好感度上がったもんね。
(私はその人が悪い事したとは思っていないので、謝る必要さえ無いとは思ったけど)
(↑誰だか思い当たっても固有名詞は書かないでね)

そういえば今ごろどうしているのだろう、あの号泣議員。
やっぱり泣きながら謝る人って、信用できない以前に滑稽に見えてしまう。
竹中直人の笑いながら怒る人に匹敵する可笑しさだ。
もしかしたら、笑ってもらって許してもらおうという事なのかもしれない。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

コメント

Secret

プロフィール

葉牡丹

Author:葉牡丹
二つ折りケータイで撮っています。
コメント、拍手コメント、
どちらも返事は返せませんが、
まったく悪気はございませんので、
よろしくお願いいたします。

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

arigato.

現在の閲覧者数:

お気に入り登録

いつもarigato.

link

最新記事

他の記事もどうぞ

ブログ内検索フォーム

counter

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。