← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
ノンセクション
ワープポイント
(0) cmts.   (0) tbks.
鳥居(写真はイメージです)


私は風呂がきらいだ。
…とは言っても夏場でも毎日入っているし、風呂がきらいな女ってどうかと思うけど、
ようするにやらないければならないことが面倒で大きらいなのだ。
なので、入ろうと入るまいと自由である温泉は大好きなのだ。

そうは言っても、事情があってもう何年も行けていない温泉。
近頃は街の真ん中にも日帰りのがあるので、
ご近所でも良ければその意思さえあれば、気軽に入ることができる。
でもね…。

私はあんまりご近所づきあいをしていないので、
そうもいかないのだ。
だってそんなところで久しぶりにどなたかと遇ったりしてごらんなさい。
ごあいさつしなければならないではないか。

「あ~ら、もしかしたら葉牡丹さん?」
「あ~ら、これはこれはご無沙汰しております、お元気ですか?」
などと、すっぽんぽんでのごあいさつはいやだー!
かといって、知ってる方にお遇いすれば、無視するわけにもいかないし…。

それでご近所にある天然温泉やらスーパー銭湯やら、
なんとなく行かないでしまっているのだ。
ああ、もったいないな。
…とは思う。

でもやっぱり温泉は、できれば泊りがけがいいかな。
私は乗り物に乗るのも好きなのだ。
車も良いけど列車がいいな。
バスも悪くはないけれど。

などと思っていたら、
先日とある場所をうろうろしていて、異世界に迷い込んでしまったのだ。
どこに行くのかわからない、狭い急な階段を、なんとなく上ってみると…。
そこは猛スピードで車が行き交う、高速バスの乗り場だった。

こんなところにあるなんて知らなかったけれど、あ、こりゃ以外と便利ではないか。
身近にワープポイントを発見したような気分。
都会の混雑をかいくぐって列車やらバスやらに乗りに行かなくても、
ここからあちこち行けるではないか。

けれどもなんだか新宿駅やら東京駅やら、一旦人混みに飲みこまれないと、
旅に出た気がしないのは、いったい何故なのだろうか。
そう思いながらさらに階段を上ってみると、
見たことのある神社の、拝んだことのある賽銭箱の裏に出た。

狐につままれたような気がした。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Comment

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://habotanhouse.blog.fc2.com/tb.php/551-d2929db5

Trackback

∧top