スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンク!ピンク!ピンク!

芝桜 2月 1


某百貨店のエスカレーターを昇ったところに、
ピンクのものばかり置いてある期間限定店舗があって、
そこには春らしい、楽しい色の品々が並んでいた。

若い頃は大嫌いだったピンク。
グレーの服ばかり着ていて、ねずみ男と呼ばれたことも…。
おばさんたちは、何故ゆえ腐ったピンクが好きなのだろうと、常々思っていた。

この頃ちょっとわかってきたのだ、その気持ち。
歳を重ねると好きになってくるのだ、ああいう楽しい色が。
でも派手な色はちょっと…という訳で、腐ったピンクを選択してしまうのだろう。

うちの近所で、いつもド派手なアマンドピンクの車を乗り回している、
ちょっとガタイの良いおねえさんがいた。
(アマンドピンクって、なんというバブリーな呼称!)
目立つので、あ、またあのおねえさんだ!と思って見ていた。

ある日とあるアパートの前を通ると、
ド派手なピンクのカーテンに、ちらりと見える部屋の中も、同じ色のインテリア。
電気スタンドも同じ色のものが置いてある。

これはもしかして…と思って、違う日にまたそこを通ると、
門の中の駐車場に、例のカワイイ車が…。
ああ、やっぱり!

これはよほど好きなのだろう。
なんて一貫してブレのない、潔い趣味なのだろう。
その家の前を通るたびに、なんだかうれしくなっていた。

けれども数年前の春のある日、
桜の花も咲きはじめたその頃、
そのアパートの前を通ると、窓には地味な、ベージュのカーテンがかかっていた。

きっとあのおねえさんは、引っ越してしまったのだろう。
ピンクが嫌いになるなんて信じられないので、私はそう思っている。
そして今日もどこかできっと、ピンクに囲まれて、しあわせに暮らしているのだろう。


芝桜 2月 2



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

コメント

No title

おはようございます。ピンクは春の色ですよね。心もウキウキして来ます。今回、私も百均でピンク色の小鉢を買いました。見に漬けるのは、難しいけど、こんな感じで春の気分を味わっています。
Secret

プロフィール

葉牡丹

Author:葉牡丹
二つ折りケータイで撮っています。
コメント、拍手コメント、
どちらも返事は返せませんが、
まったく悪気はございませんので、
よろしくお願いいたします。

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

arigato.

現在の閲覧者数:

お気に入り登録

いつもarigato.

link

最新記事

他の記事もどうぞ

ブログ内検索フォーム

counter

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。