← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
スポンサー広告
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノンセクション
老眼鏡の話をしよう
(0) cmts.   (0) tbks.
サンシュユ


サンシュユの小さな花がたくさん開いてきたので、写真を撮ろうと思ったら、
私よりも10歳は年長であろうおばさまたちが数人、群がっている。
「え?咲いてるの?わかんない、見えな~い」などと、キャピキャピ楽しそう。

その中に入って行く勇気は私には無い。
なのであきらめて、これは前に撮った写真。
この日は天気が良く空がきれいだったから、これで良し。

私は学生のころ、駅で隣のホームの時刻表が読めるくらい目が良かったので、
「遠視の人は、老眼が早く来るし、進むよ~」と、諸先輩方にさんざん脅かされ、
ああ、もうこれはしょうがないなあ…とあきらめていたのだが…。

なんだか思ったよりも酷くならないのだ。
同じ歳の友人たちよりも、まあまあ見える。
最近知ったのだが、遠視の人は老眼が酷くなるというのは、どうやら迷信らしい。

せっかく車を新しくしたのに、結局ナビを付けなかった。
めったに使わないのに7万もするって言うから、ちょっと怒った。
どうしても必要なら、後付けでもスマホでも、どうにかなるでしょ。

…と思っていても、たまによく知らない場所へ行くこともある。
そんな時はしょうがない、いまだに紙のマップを使っている。
これが老眼にはコタえる文字のサイズ。

一時期印刷物のデザインの仕事をやっていたことがあって、
小さな文字はオシャレだという間違った考えに囚われていた。
反省しきりだ。

私は外出時に、目の保護のために無色のサングラスをしているのだけれど、
車の中でマップを見る時は、これに、小さな老眼鏡を重ね付けしている。
ばーちゃんにもらった、細長いケースに入っている、スリムなデザインのものだ。

これは普段使うには、なんだかやたらとつるの幅が広くてゆるゆるなので、
ずっと上を向いていないと落ちてしまうという困ったものなのだが、
サングラスに重ね付けするにはちょうど良い。

これをサングラスの下の方にかけると、
インスタント遠近両用になるのだ。
標識も見えるし、マップも見られる。
(ただし助手席専用です、危ないので運転はやめましょう)

友人で遠近両用を買ったやつがいるのだが、
せっかく大金を出して作ったのに、
かけっぱなしでいたら、乱視がひどくなってしまったらしい。

あと、慣れないと危ない。
階段で滑り落ちそうになってしまったり…。
結局かけたりはずしたりするようでは、遠近両用の意味が無い気がする。

遠近両用というのは、半分くらいから下が老眼用になっているらしいが、
どうしても両用にしたいのなら、
近くを見るためのレンズは、下の方3分の1か、4分の1くらいで十分ではないだろうか。

そんな眼鏡を作ってくださる方、どこかにおられないものだろうか。
さらにUVカットになっていると、なおうれしいけど。
んで、軽くて値段はお安くお願いします。
(…と、だんだん注文が多くなる)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Comment

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://habotanhouse.blog.fc2.com/tb.php/542-5868affd

Trackback

∧top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。