← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
ノンセクション
ラッキーと思うことにした
(1) cmts.   (0) tbks.
for sale


前回の記事を読んで、
もしかして借りてるストーブ君がぶんぶんうなって、とうとう空でも飛んだか?
などと、おもしろい想像をされた方がおられたかもしれない。
けれども実際起きたのは、そんなファンタジィな事件ではない。

実は昨年の秋、20年近く乗った車を、急に思い立って、買い替えたのだ。
車を衝動買いなんて言うと、なんてリッチなお宅!と思われるかもしれないが、
なにせ古い車、走行中、何かわからない謎の音がいつも聞こえていたし、
ワイパーを動かすと、鉄腕アトムが歩いているような音で、キュッキュッとうるさかった。

エアコンが壊れているので夏は窓を開けて走らなければならず、
一旦開けた窓は閉まらないこともあるので、
反対に冬は、料金所で開けたくもない窓を開けると、
寒風吹きすさぶ中、そのまま高速を走るはめになることもあった。

最近はローンが支払いやすくなっているので、なんとかなるのだ。
車検を通すのに払うつもりだったお金を頭金にして、
月々駐車場を借りてるつもりくらいのお支払い。
この頃は車屋さんも、ローンで儲けているのか。

でも急に買うことになったので、
パンフレットを集めたり、色々と検討する楽しみを味わうこともなく。
なので、うわぁ~い!新車だ~!というワクワク感もなく…。
以下、新車を買うことになった詳細。

ある日、旦那さんが旧車を販売店の修理工場で車検に出すと言うので、
そちらの方に用があった私は、一緒について行くことにした。
で、車屋さんの話を聞くと、車検を通すだけで20万以上かかると言う。
エアコンを直すと、さらにど~んと20万以上。

でも、旦那さんはエアコンは直さないと言うのだ。
そりゃそうだ、エアコン20万は酷すぎる!でも、直さないってのも酷すぎる!
だってばーちゃんを遠い病院に、定期的に連れて行かないとならないのだ。
真夏の暑い日に、エアコン無しの車で、それは辛すぎる。

しかし、車検の期限は迫っていた。
うちは車無しではやっていけないのだ。
車は買う!と宣言してから作る。
1日も早く宣言しないと、家に車が無い状態が続いてしまうことになる。

で、ふと隣を見ると、ぴかぴかのブルーの新車が、私をじっと見ている。
「奥さん、あっしを買っておくんなせえ」と言っている。
私は旦那さんに言った。
「あ、もうこれで良いじゃん、これで良いよ」

色もそんなに悪くない、許せる範囲だ。
「買いましょう」
私は営業マンと結託した。
普通なら、妻は新車を買うのに反対する方だろうが、うちは逆だった。

「いや、もっと地味で汚れの目立たない色だったらなあ…」
などと、買うまいとして色々文句をつける旦那に、営業マンもたたみかける。
「ちょうど納車になる、地味な色のが来てますよ」
見るなり「あ、これ良いじゃん、無難で良いよ、これにしよう」と、私。

で、ふたりに押されるかたちで、旦那は新たなローンを組むはめに…。
うちは自営なので、何か買う為には、新しく仕事を受けなければならないのだ。
しかたありませんね。
旦那さんにはがんばってもらいましょう。

そして我が家にやってきた新しい車。
私は彼を、ステルス君と名付けた。
あまりに地味な色のため、さして広くない駐車場に停めてあっても、
どこにあるのか見つけられないのだ。
(確かにその場所を見ているのに、目に入らない)

うちでは事情があって、あまり遠出はできない。
なのでそんなに遠くへは行けないのだが、それでも約2ヵ月の間、新車ライフを楽しんだ。
ガタガタ揺れないし、不気味な音もたてない。
オプションは一切いらないと言ったのにオーディオは簡単に繋げるし、キーはリモコンだ。
(ライトが点いて返事をするので、まるでナイトライダーのナイト2000)

そして2015年の年は開けた。
近所の大通りを歩いていると、バイクのおにいさんがお巡りさんに捕まっていた。
ああ、気の毒に…正月早々スピード違反かなんかしたのかな…。
そんなに凶悪そうに見えないおにいさん、首をうなだれていた。

…と思って家に帰り、スーパーに行こうと車に乗ろうとすると、大量の鳥のフンが…。
あ~、新車なのに…新年早々大量過ぎるぜ。
と思ってスーパーに着いてから、車全体の馬体検査をした。
すると…なな、なんと!

鳥のフンに汚染された反対側、後部座席のドアの後ろが、
ぱっくりと縦に割れているのだ。
そう、何者かが我々の知らない間に、うちのナイト2000に激突していたのだ。
(あ、いや、ステルス君だったっけ)
つまり、当て逃げされてしまったのだった。

当たった位置と形状からトラックだと思われるのだけれど、
ぱっくり割れているので、その部分全体を総取っ替えしないといけないレベルだった。
あ、触るな!米沢さんとか鑑識とか来るまでは、現場保存だ!
などと言って、お巡りさんを呼んだ。

感じの良い若い警察官がふたり来てくれたが、
たぶん犯人は見つからないだろうと言われた。
うん、そりゃそうだろう…と納得。
今朝、うちの前でよくUターンしているトラックのおにいさんが、私と目を合わさなかった。
(とてつもなく怪しいが、何の証拠も無い!)
(ステルス君なので、見えなかったとでも?)

車屋さんに相談すると、まるごと取り変えるのに、20万近くかかるらしい。
(けっきょく旧車のエアコン直して車検通しても、あんまり変わらない出費ではないか!)
しかたがないので直すのはやめて、塗料のペンみたいのだけもらって帰って来た。
これで剥がれたところをちょこちょこやるのだ。
700円でおつりがきた。

あ、そういえばストーブ。
これも2万円くらいかかると言われたのに、7000円でおつりがきた。
まあ、何もかも思ったよりずっと安く済んで良かったよ。
ラッキーだったよ。

で、ついでのことにうちの旦那さんは、初詣の帰りに犬のフンを踏んでしまった。
「あ、私の靴の上に重ねて靴、乗せないでね」
追い打ちをかけるように、私は冷たく放った。
彼はいつも私の靴の上に、自分の靴を、直に置くのだ。

ラッキーって言うより、鳥のフン、犬のフンで、運がついたってことか。

…てな正月を送っていたのさ。

来月はもうちょっとがんばって更新したい…出来るのか?私!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Comment

葉牡丹さん、あけましておめでとうございます!!^^;

「ステルス君」って名前、一瞬かっこいいけど、考えてみると可哀そうな気もしますがっ、良いと感じました。^^

くわがたお »  URL »  2015.01.31 21:46 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://habotanhouse.blog.fc2.com/tb.php/540-6283916c

Trackback

∧top