スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルマンディーの庭園にて

モネの庭


春にハリウッドの大寒桜を見てきた話を書いたけれど、
今度はモネの名画にでてくる庭を見てきた。
ちょうどかわいらしい睡蓮が咲いていた。

もちろんフランスはノルマンディー地方ジヴェルニー村にある、
あのモネの睡蓮で有名な庭園……なはずがない!
ここはなんと、池袋のデパートの屋上なのだ。

ちょっと前まではな~んにもなく、冬寒く夏は暑いだけだった場所。
そこに良い感じの庭ができた。
モネの庭園をマネしてつくったらしい。
(昔友だちがよく言ってたな、モネのマネって←マネに失礼?)

あまり期待しないで行ってみたのだけれど、なかなかに素敵な場所。
そこはそれ、なんといってもデパートの屋上だし、
しかもほんの一部分を使ってあるだけなので、とっても狭い。

でもここが池袋だなんて思えない、気持ちの良い場所だった。
暑い日だったけれどほどよく風も吹いて、水面に小さな波をたてる。
噴水みたいな浅い池なのに、空が写って、ボートが浮かべられそうなくらいに深く見える。

見憶えのある青い太鼓橋もあった。
絵と同じアングルもあるのかと思うのだけれど、平日にもかかわらずの大人気で、
どうやってもすぐに人が写り込んでしまうので、思うように撮れない。

やっと撮ったのがこれ。
でも、向こう岸で写真を撮っている人にとっては私がじゃまなので、
お互い様なのだった。

友だちはホテルオークラの限定オムライスだのグラタンだのを食べていた。
オイスターバーで白ワインというオシャレなメニューもあった。
けれども私はホットドッグを食べて帰ってきた。

だってデパートの屋上だもの。
(うどんは長蛇の列だった)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

美貌は健在

赤白青のあじさい


紫陽花なのに赤と白と青。
これはこれで良いなあ。
…と思って撮った写真。

そういえば昔、赤白青の縞模様の歯磨き粉を使っていたっけ。
そうそうアクアフレッシュ。
機能なんてどうでもよくて、歯を磨くたびに、楽しくていいなと思っていた。

機能が気になりだしてからは、歯を白くする系を渡り歩いたこともあった。
緑茶にほうじ茶コーヒー紅茶とお茶が好きなので、歯がすぐに茶色くなってしまうのだ。
これは芸能人は歯が命…っていうのを筆頭に次々と。

口臭を消すエチケットライオンというのを使っていたこともある。
特に気にしていたわけでもないのだけれど、何事にも流行りというものがあるのだ。
旅行に行く時にも小さいのを持って行っていた。

で、友人と寝台特急に乗って九州へ行った時のこと。
うっかり間違えて、車中で寝る前にムヒで歯を磨くところだったのだ、あぶなかった。
どちらも同じくらいの大きさの白いチューブに赤いキャップ、デザインも似ているのだ。

質感の違いに気づいて(まずはチューブの違いに気づけ!)難をのがれたけれど、
個室寝台だったので、夜中にわざわざ隣の部屋をたずねて見せるのもはばかられ、
ひとりで笑うこともできず、ニヒルに口元をゆがませ、だまって歯ブラシを洗ったのだった。
(遠い思い出)

で、ここ何年かはまた何でもいい派になっていたので、
適当に安いものを買って使っていた。
そして昨年あたり、久しぶりにまた歯を白くする系に戻ってきたのだけれど…。

なんだか日に日に歯が痛くなるのだ。
ちゃんと磨いているのに…というよりも、磨けばみがくほど…。
それは痛いといっても、冷たいものも熱いものもしみる知覚過敏かも…という症状。

とにかく放置しておいてもしかたがないので、
怖い先生なので気がすすまないけれど、とりあえず近所の歯医者を予約することにした。
この医院には先生が何人かおられるのだが、私の担当はドSの若い女性なのだ。
(いま「ドS刑事」というドラマをやっている、多部未華子ちゃんを想像してはなりません)

前はその女医さんの父上の、やさしい先生が担当だったのだけれど、
いつのまにか替わっていたのだ。
患者本人にことわりもなく担当を替える…それが病院というもの。
(知っていたさ)

けれども今回は痛みに余裕があったので、
勇気をふりしぼってやさしいお父さん先生を指名してみた。
そんなことができるのかどうかさえ、わからないのでドキドキだ。

電話口の受け付けの女性は私の失礼な申し出を理解してくれたようで、
3ヵ月先でよければ…と、予約をいれてくれた。
やさしい先生はもうご年配なので、毎日治療できないのだ。

予約の日を待っている間、私はまたもや歯磨き粉を替えてみた。
そう、知覚過敏対応のものにしてみたのだ。
すると歯痛がずいぶん和らいだ。

これはやはり単なる知覚過敏だったのか?
…と、かすかな希望が…。
おかげで心の余裕をもって、予約の日を待つことができた。

それにしても痛みがなくなったわけではないので、ここがまた私のがまん強いところ。
蓋を開けてみれば大手術になってしまい、神経を抜くのに二日もかかってしまった。
何度も言ったかもしれないが、私は人並はずれてがまん強いのだ。
(けして痛みを感じないわけではない)

またまたインプラントされてしまって思わぬ出費があったが、
とにかくこれですべての治療は済んだ。
ところが治療は済んだのに、歯を白くする歯磨き粉を使うとまた痛みがよみがえるのだ。

やはりこれが原因か。
どれを使っても同じなので、とくにどこのメーカーのがいけないということもないのだろう。
目の前には今、ほとんど使っていない歯を白くする歯磨き粉が3本並んでいる。

私は冷たいものを食べても、頭が痛くなったことがない。
だいたい食べるのが遅いのにアイスクリームだけ早いのは、そういうことだったのだ。
(…と、最近気づいた)
それなのにそれなのに、今さら知覚過敏かよ…。
(しつこいようだが痛みを感じない体質ではありません、菱沼さんかよ!)
(必要のない注:菱沼さんとは、漫画「動物のお医者さん」に出てくる主人公の先輩)
(必要のない注の必要のない注1:菱沼さんはとろいので痛みをあまり感じないらしい)
(必要のない注の必要のない注2:実写版連続ドラマでは和久井映見さんが演じた)

しかたがないので、このところずっと知覚過敏対応歯磨き粉を使っている。
使っているかぎりほぼ痛くないので、効いているのだろう。
これも各メーカー渡り歩いて、とりあえずシステマにおちついている。

そんなこんなで今まで気にもとめなかった、
知覚過敏撃退用歯磨き粉のCMが目につくようになった。
で、あることに気づいたのだ。

フラメンコダンサーの衣装のCMで目にとまったのは、システマの鈴木砂羽さん。
カムテクトは及川光博さん。
そしてシュミテクトのCMに出演されているのは成宮寛貴さん。

そう、とっくにお気づきの方もおられることと思うが、
お三方ともドラマ「相棒」に出演されていた俳優のみなさん。
そうか、あらためて「相棒」は中高年に人気のドラマなんだ、と今さらのように気づいた。

筋トレやウォーキングで安心している場合ではないのだ。
だって砂羽さんもCM中で言われていた。
「美貌は健在…だけど歯ぐきはおとろえてきた」って。

だけどほんとに歯ぐきって、いったいどうやって鍛えればいいのだろう。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

プロフィール

葉牡丹

Author:葉牡丹
二つ折りケータイで撮っています。
コメント、拍手コメント、
どちらも返事は返せませんが、
まったく悪気はございませんので、
よろしくお願いいたします。

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

arigato.

現在の閲覧者数:

お気に入り登録

いつもarigato.

link

最新記事

他の記事もどうぞ

ブログ内検索フォーム

counter

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。