スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪ソバヤソバ~ヤ

どちらも水仙です


「笑っていいとも!」が終了して約1年。
タモリさんは「ヨルタモリ」という番組でがんばっておられる。
大昔の「今夜は最高!」みたいなテイストの、私好みの番組だ。

タモリさんのネタで、「ソバヤ」というのがある。
アフリカ音楽風のメロディとリズムで、延々と、ただただ「♪ソバヤソバ~ヤ」と歌うのだ。
その曲のはいったLPレコードが、たしか実家にあったはずなのだけれど…。

という話は置いておいて。
(置くのか…)

私がたまに行く蕎麦屋は、周辺に他にも何軒も蕎麦屋がある激戦区にある。
そのうちの一軒A店が、いつの間にか常に行列ができる店になってしまった。
どうやらネットで評判らしいのだ。

A店は、たしかにまずくはない。
どちらかと言えばおいしい。
それよりも私に蕎麦の味がわかるのだろうかと訊かれたら、わからないけど。

だいたいこの辺の蕎麦屋はどこもおいしいのだ。
激戦区なのだから。
で、味のわからない私のような素人が選ぶには、違う視点が必要だ。

なので私が重視しているのは、蕎麦屋の「蕎麦以外の物の味」だ。
よく行くお気に入りのB店は、それがおいしいのだ。
まず、てんぷら蕎麦のてんぷらがウマイ。

私の好きな鴨せいろも、B店のは汁がアツアツで、鴨肉も程良くやわらかく、味も良し。
鴨せいろは、やけどしそうなくらいに汁が熱くなくてはならないのだ。
このごろ肉の量が減っているのが、ちょっと気になるといえばなるけれども。

こちらの店にはめったに行列ができることはないので、
ほんとうは教えてあげたい、雨の中、並んでいる若者たちに。
一緒に並んでいる、おじいちゃん、おばあちゃんたちに。

でも、私は黙っている。
だってお気に入りのB店に行列ができたり、
人がたくさん来て、鴨せいろの汁がぬるくなったりしては困るからだ。

きっとそんなものなのだろう、ほんとうにおいしい店って。

…と思いつつ、久しぶりに蕎麦屋激戦区の辺りを通ると、
私が2番目によく行くC店の外から見える席で、テレビの取材で食レポをやっていた。
静かな朝の空気をぬって、女性レポーターの張りのある声が響きわたる。

「うわあ~、シコシコとしたこの食感!おいしいですね~」
テレビ画面で観ると気にもしないような光景だが、
こうして人どおりの少ない朝に街かどで見かけると、非常に不自然だ。

そして、そこの蕎麦屋も悪くはないが、やっぱりほんとうは、B店が一番おいしいのだ。
(と、私は思う)
私が推薦する店は…ということで、今日は水仙の花の写真にしてみた。
とは言っても、けっきょくおいしい店の名は教えないのであった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ハリウッドの桜

ハリウッドの寒緋桜


先日、ハリウッドの大寒桜を見てきた。
満開で、すでにちらほらと散りかけだった。
次の日からの異常なあたたかさに続き雨も降ってしまったので、もう散ってしまったかな。
たしかにハリウッドである証拠に、となりの電柱も撮ってきた。


ハリウッドの電柱


…とはいっても、ここはアメリカはカリフォルニア州ではなく、東京都内なのだ。
調布市の、昔ハリウッド化粧品の工場があった場所で、今はマンションが建っている。
それで「ハリウッドの大寒桜」とよばれているらしい。
昭和37年にこの地に植えられたそうなので、樹齢50年以上だ。

ハリウッド化粧品といえば、会長でもあった、あの有名な知る人ぞ知るメイ牛山女史。
ビートたけしさんの、牛田モーと名のってのパロディもあった。
ひょうきん族は知っていてもご本家は…?という方も多いと思うけれど、
とても個性的でかわいらしい方で、一度見たら忘れられないキャラクターだった。
(2007年に、96歳で亡くなられたとのこと)

地元のみなさんに愛され続けた桜。
工場が移転しマンションが建つ時に、この2本の桜だけが残され、保存されたそうだ。
電線を上手によけて、きれいに剪定されている。
この日もご近所の方らしい通りがかりのおばあさんが3人、笑顔で桜を見上げていた。


桜電線


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

ちょこちょこ食べるチョコ

辛夷


例年よりも2~3週間早い気がするのだけれど、
木蓮、辛夷、双方とも咲きだした。
♪あったかいんだから~。
しょうがない。

子供たちもご老体のみなさんもウキウキしているらしく、
じーちゃんばーちゃんも体がよく動いて、みなさんかえって心配させられる日々。
(帰って来ないとか転ぶとか…ね)
今日は子供たちがくるぶしまでドロドロの水たまりに浸かったり、
折れそうな木の枝を登ったりしているのを、そこかしこで見かけた。
(どっちもたいへんだ~)

桜も早咲きのが咲いている。
寒緋桜、河津桜、それから山桜。
うす緑色の柳の芽も吹いて、
梅の花も、まだまだ良い香りをはなってくれている。


河津桜

柳


梅


2月と3月の同じ日にちは、同じ曜日になる。
なぜなら2月は28日、つまりちょうど4週間あるからだ。
(ただしうるう年は除く)
なので、14日のバレンタインデーが土曜日だった場合、
当然のことながら翌月の14日、ホワイトデーも土曜日になる。

うまくできている。
バレンタインデーが休日なら、たいていの場合ホワイトデーも休日ということになる。
だからといって、今の私には何の影響もないけれど。
さっきカレンダーを見ていて、ふと気づいたのだ。
(♪あたりまえ~)

実は2月と3月が同じ曜日になるということは、
子供のころから、ずっと気にはなっていた。
だって2月の13日が金曜日だった場合、3月の13日も金曜日になるからだ。
2ヵ月続きである、恐怖の13日の金曜日。

けれどもバレンタインのことは、ずっと頭になかった。
若い頃からずっとだけれど、どれだけ関係のない日々を送って来たのだろう。
バレンタインデーよりも13日の金曜日が気になる女って…ねえ。
大人になると、こういう行事もたしなみのひとつと思えるのだけれど。
(まあ、遅いわね)

旦那さんとはバレンタインの直前に知り合い、翌年には既に結婚していたので、
仕方がないので結婚してから後、多分もらった事が無さそうだったので、あげてみた。
いくつか買ってはみたものの、
あとはあげる人もいないので、残りで悪いが仏壇にあげてみた。
(ちーん)

仏壇にバレンタインチョコというのもなんなのだが、
それくらい、渡す人がいなかったということなのだ。
今ではまた、誰にもあげない年が、何年も続いている。
今年も冷蔵庫においしいチョコを隠しておいて、自分だけちょこちょこ食べている。

私が食べている以上に、なんだかどんどん減っている気がするけれど。


紅白梅


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

老眼鏡の話をしよう

サンシュユ


サンシュユの小さな花がたくさん開いてきたので、写真を撮ろうと思ったら、
私よりも10歳は年長であろうおばさまたちが数人、群がっている。
「え?咲いてるの?わかんない、見えな~い」などと、キャピキャピ楽しそう。

その中に入って行く勇気は私には無い。
なのであきらめて、これは前に撮った写真。
この日は天気が良く空がきれいだったから、これで良し。

私は学生のころ、駅で隣のホームの時刻表が読めるくらい目が良かったので、
「遠視の人は、老眼が早く来るし、進むよ~」と、諸先輩方にさんざん脅かされ、
ああ、もうこれはしょうがないなあ…とあきらめていたのだが…。

なんだか思ったよりも酷くならないのだ。
同じ歳の友人たちよりも、まあまあ見える。
最近知ったのだが、遠視の人は老眼が酷くなるというのは、どうやら迷信らしい。

せっかく車を新しくしたのに、結局ナビを付けなかった。
めったに使わないのに7万もするって言うから、ちょっと怒った。
どうしても必要なら、後付けでもスマホでも、どうにかなるでしょ。

…と思っていても、たまによく知らない場所へ行くこともある。
そんな時はしょうがない、いまだに紙のマップを使っている。
これが老眼にはコタえる文字のサイズ。

一時期印刷物のデザインの仕事をやっていたことがあって、
小さな文字はオシャレだという間違った考えに囚われていた。
反省しきりだ。

私は外出時に、目の保護のために無色のサングラスをしているのだけれど、
車の中でマップを見る時は、これに、小さな老眼鏡を重ね付けしている。
ばーちゃんにもらった、細長いケースに入っている、スリムなデザインのものだ。

これは普段使うには、なんだかやたらとつるの幅が広くてゆるゆるなので、
ずっと上を向いていないと落ちてしまうという困ったものなのだが、
サングラスに重ね付けするにはちょうど良い。

これをサングラスの下の方にかけると、
インスタント遠近両用になるのだ。
標識も見えるし、マップも見られる。
(ただし助手席専用です、危ないので運転はやめましょう)

友人で遠近両用を買ったやつがいるのだが、
せっかく大金を出して作ったのに、
かけっぱなしでいたら、乱視がひどくなってしまったらしい。

あと、慣れないと危ない。
階段で滑り落ちそうになってしまったり…。
結局かけたりはずしたりするようでは、遠近両用の意味が無い気がする。

遠近両用というのは、半分くらいから下が老眼用になっているらしいが、
どうしても両用にしたいのなら、
近くを見るためのレンズは、下の方3分の1か、4分の1くらいで十分ではないだろうか。

そんな眼鏡を作ってくださる方、どこかにおられないものだろうか。
さらにUVカットになっていると、なおうれしいけど。
んで、軽くて値段はお安くお願いします。
(…と、だんだん注文が多くなる)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

プロフィール

葉牡丹

Author:葉牡丹
二つ折りケータイで撮っています。
コメント、拍手コメント、
どちらも返事は返せませんが、
まったく悪気はございませんので、
よろしくお願いいたします。

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

arigato.

現在の閲覧者数:

お気に入り登録

いつもarigato.

link

最新記事

他の記事もどうぞ

ブログ内検索フォーム

counter

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。