スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマハゲノアール

ナマハゲノアール


こちらを訪れてくださるみなさんの中には、音楽を趣味とされておられる方も多く、
作詞作曲されている方や、プロのミュージシャンの方もおられたり。

そんなみなさんに刺激されたのか、
私、十数年ぶりに、ギターをひっぱりだしてきましたよ。

小学校の時に親に買ってもらったクラシックギターと、
高校卒業後に自分で買ったフォークギターは、実家の別荘(物置)に置いてある。
(クラシックギターのほうは、ネックがちょっと反ってしまった)

手元にあるのは、高校の時に使っていたクラシックギターと、何かでもらったミニギター。
しかしミニは家の中で行方不明になってしまったので、発掘しなければならない。

ミニのほうがネックが細いから弾きやすいのだけれど、発掘したくはない。
だって私は今!弾きたいのだ!今!

うちは自営業だし、色々な理由から、家でひとりになれることなんてない。
誰もいなくて私がギターを弾きたいなんていう千載一遇のチャンス、めったにないのだ。

よしっ!

まずはケースに積もったおそろしい埃を掃うことからはじめるという作業。
マスクをして、そっと丁寧に、表面をぞうきんでなぞる。

で、おもむろに中味を取り出してみる。
あ、でも音叉が入っていないよ、ミニギターのほうに入っているのかな。

仕方がないので自分の音感に頼って調弦する。
でもこれが、意外となんとかできた。

私はそんなに音感が良いわけではないのだが、
高校の時に部活で、毎日下級生何人かの調弦をしていたので、音を憶えていたらしい。

で、かなり変わったコードも押さえられてうれしかったのだが、
もんだいは長年まいにち欠かさずに弾いて育てた、指先のギターダコだ。

タコが完全消滅していたので、痛いのなんのって、一曲弾くのがやっとだった。
でも面白かった、また弾いてみたい。

で、調子に乗った私は、ギターをしまった後もハナウタを歌っていた。
こないだ撮った花の写真を見ながらの、ハナウタ。

ダリアの名前ってすごく面白いのが多いなあ。
これなんて、ナマハゲノアールだって、ははは。
(たしかに黒い、写真で見るより太陽の下で見ると、実際はもっと黒く見える)

秋田で作られた品種で、ほかにもナマハゲパープルだのナマハゲレディだのがあって、
理由を聞いてしまえばなるほどね、っていうネーミングなんだけれど。

♪ナ~マハゲ~ノア~ル…。
私はなんとなく歌いはじめた。

お!これは曲になりそう!
♪ナ~マハゲ~ノア~ル…。
(良いね!)

くりかえし歌っているうちに、あれ?
これって…。

う~~~ん、これじゃ、シャンソンの名曲、「枯葉」じゃないか~。
完全にパクリっていうか、替え歌じゃん。

とほほ…。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

10月の朝の寒そうな朝顔

10月の朝の寒そうな朝顔


ケータイで写真を撮っていると、
さぞや機動力があり、おもしろい特ダネ写真が撮れることだろう。
…と、思っておられる方もすこしはおられるかおられないか、
わからないけれど、そのまま即ブログにアップ!そして常に新しい情報をお届けする。
それがケータイ写真の醍醐味…というものの考え方が、本来だとは思う。

だがしかし…私は、画像をいったんパソコンに取り込んでから、
長々と文章をこねくりまわしたうえ、1年寝かせた写真を載せることさえある。
だったらちょっとばかりでもお直ししてアップすればいいものを、
緩急をつけるためのトリミングや大きさの変化はつけているものの、
そのまま載せるという横着ぶり。

ほんとはやってはみたものの、どうにも不自然な感じが否めないのでやめたのだ、修正。
(技術のせいもあるのかもしれないけれど)
それに日記と言ってはいるものの、元々今日あった出来事を書くつもりはさらさらなく、
いつあったのか、なかったのかさえわからないあやふやなイメージを、
のろのろと書いていきたいと思ってはじめたので、
もっとめちゃくちゃでいいはずだったのだ。

それが本来の気真面目な性格から、なんだかほんとの日記みたいになってしまった。
でも、ほかにふさわしいジャンルが、みあたらないので仕方がない。
そのうち違うジャンルに…と思いつつ、本日に至る。
というわけで、ケータイの甲斐もない、まったく機動力のない写真。
そしてあいかわらずの、ノットタイムリーな話題。
(最近まいにち書いていないので、もはや日記でさえないのだ)

今日なんて、ハリガネムシとカマキリの、
それはおそろしい場面に遭遇するという、かっこうのネタ。
(これですぐにわかる方は虫が嫌いではない方なので大丈夫)
わからない方は、私なりの配慮だと思って、ジュジュヌール秋~気にしないで。
で、「こわいこわいこわい~」と、つぶやきながら100mばかり歩いてしまってから、
写真を撮れば特ダネだったのに…と思ったけれど、もちろん引きかえしたりしません。
(でも撮っても結局ブログには載せられないのよね、嫌いな方も多かろう)
(じゃあ書くなよと言われてもね、ちょっとは自慢したいのだ)

車の中からアサガオが咲いているのも見たけれど、これも撮れなかった。
走ってる車から撮っても、画像がゆがんでしまうので仕方がない。
で、これは3日前に撮った写真。
前にも書いたけど、アサガオって秋の季語なのね。
あ、でも私が俳句だとか風流モノに詳しいと思っちゃいけませんよ。
(↑「俳句」は「歯行く」と、「和歌」は「若」と変換されてしまうくらいの、私のパソコンなのだ)

ああ、そういえば、もう半年も歯が痛いままだわ、はやく歯医者にも行かなきゃ。
私はうちの近所の歯医者さんが嫌いなのだ。
だがしかし、歯医者に行かないくせに、またまた競馬場に行く余裕はあったらしく、
今日も天皇賞で、見事に2着3着を当ててしまった。
何故1着がわからんのだ!
(それなら複勝買っとけという話)

で、結局は今世紀未勝利の私。
ああ!なんという馬券下手。

結局すこしずつズレているのだ、何もかもが…。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

バーバーババ 2

10月


夜の間に台風が去って、夏が終わった。
弱っていた木の葉は全部落ちて、元気なものだけがまだしがみついている。
誰も踏んでいない地面は、木の葉とどんぐりの模様になっている。
枝の隙間から、すっきりとした濃い水色の空が見えて、
小さな森は、すっかり明るくなった。

バーバー馬場はといえば、
灰色のペンキのドアの内側に、「閉店中」の札が下がったままだ。
そのドアや窓のガラスには白いカーテンがかかり、
中は暗く、様子をうかがうことはできないが、
人の気配がしないので、きっと誰もいないのだろう。

無口な主人は、どこへ行ってしまったのだろう。
店の奥のドアの向こうに住んでいるはずが、
昨夜は夜になっても、いちども灯が点かなかった。
いま、家の中からは水の音ひとつしない。
森の空気はひんやりと冷たく、静かだった。

遠い空では、台風の腕が放つ、風がまだうなっている。
どこかで新築の家を建てる、電動のこぎりの音が聞こえる。
小学校の給食の煙が、白く立ち上っている。
近くの道路を酒屋の軽トラックが、カタカタと音をたてて通り過ぎる。
水色の空が映っている森の水たまりの上を、つなぎとんぼが飛んでいた。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

嘘をついてみる

子供たち


このところ、記事が滞っているけれど、
書くことがないわけではないのだ。
いや、むしろありすぎる。
ありすぎて、手につかないでいる私。

捨てられない。
捨てられないのは物だけではない。
私は思考も捨てられない。
これではまるで、頭の中が、ゴミ屋敷。

これはいらないな…と思うものでも出してみようか。
段ボール箱いっぱいの、壊れた玩具を、ひとつひとつ見せる、子供みたいに。
金のナゲットを差し出す、カオナシくんみたいに。
でもきっと、耳がちぎれたウサギのぬいぐるみとか、そんなものなのだろう。

写真日記と言ってしまったので、嘘が書けなくなっているのだ。
今ものすご~く、嘘が書きたい。
なので、プロフィールにちょっとたしてみた。
「私は時々嘘をつきます」…と。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

プロフィール

葉牡丹

Author:葉牡丹
二つ折りケータイで撮っています。
コメント、拍手コメント、
どちらも返事は返せませんが、
まったく悪気はございませんので、
よろしくお願いいたします。

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

arigato.

現在の閲覧者数:

お気に入り登録

いつもarigato.

link

最新記事

他の記事もどうぞ

ブログ内検索フォーム

counter

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。