スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスター貼ってると似てくるらしい

草


日本戦が終了してからもワールドカップ中継の視聴率を稼ぎたいテレビ局は、
私のようなものにもなんとか中継を観せようと、必死らしい。
ドイツ代表の監督が草刈正雄に似ているとかいって、クローズアップしていた。

確かに似ていないこともないけれど…。
でも、そんなことくらいで、朝の5時からテレビを観ようとは思わない。
草刈正雄を見たければ、「美の壺」を観るさ。
(ましてや選手じゃなくて監督って…)

今回も日本戦はちょっと寝坊したけど早起きして観たし、
2002年の時には他の国の試合も観て、オリバー・カーンの大ファンになったけれども、
あの時だって、朝5時のキックオフだったら、どうだったかわからない。

観れば面白いのはわかっていますとも。
だけど、こっちにだって生活というものがあって、そこまでの気持ちはないのよ、ごめんね。
時差には勝てないのだ。

草刈正雄といえば、まだ乙女だった頃、資生堂のリップクリームを買った私に、
薬局のおねえさんが、レジの下からくるくる巻いた紙をとり出し、
「草刈正雄のポスター…」と言って、アイコンタクトしてきたことを思い出した。

「はあ?」私が怪訝な顔をすると、
「いりませんよねー」と言って、すぐにしまったのだった。
いや、草刈さん、もちろんイイ男ですよ、嫌いなはずがないけれど。

あれから数十年たっても、いまだにイイ男なんだから、そりゃもうイイ男でしょう。
でもね、ポスターはいらないのだ。
まず私は所謂イケメンな方のポスターを、部屋に貼ったことがない。

憶えがあるポスターといえば、
チューリップ、甲斐バンド、杉田二郎…。
これでイケメンな方のポスターを貼ったことがないなどと言うと、とっても失礼なのだけど。
(でも、みなさん「私のアイドル」なのだ)

そういえば、いつも見ていると似てくるからと言って、
マリリン・モンローのポスターを貼っている人がいたなあ。
仲間由紀恵か新垣結衣か、綾瀬はるかか堀北真希か、誰にしようか。

と、ここまで考えて、あ!ちょっと思い当たるふしが…。
私ずっと、武豊のポスターの横に、馬のカレンダーを貼っていたことが…。
そうか、母は丸顔なのに…と思っていたけれど。
(…って、子供の頃からそこそこ長かったよ、どうせ)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ポムポムプリンって…

ポムポムプリンって、ゴールデンレトリバーだったのね。

…と言われても、ポムポムプリンを知らない人には何のことやら…。
なので、ちょうどうちにあったぬいぐるみを撮ってみた。
ちょっとシワがよっているけれど、この子です↓

ぼくはいぬ


当然、犬系だとはわかっていたけれど、
私はずっとプリンを生物のかたちで表現したキャラクターだと思っていた。
うん、これはきっとプリンの妖精だな、くらいにまで思っていた。

ちゃんとカラメルシロップをオシャレなベレーで表しているし、さすがサンリオ。

だがしかし、前からちょっと変だな…と思っていた点があったのだ。

それはね…。

この子、お尻の穴があるのだ。
後ろ姿を見てあげて。
レジ袋に詰め込まれていたので、毛並みは悪いけれど、ほらね。
(バッテン印がそれ↓しずく型のが尻尾で白い四角いのはタグ)

バックスタイル


妖精じゃないにしても、はたして彼にお尻の穴は必要なのだろうか。
今までそんなものがあったキャラクターが、ほかにいただろうか。
そしてこのデザインが、会議ですんなり通ったのだろうか。

でもね、犬だと知ってしまえば別にどうということもない。
お散歩している可愛いワンちゃん、みんなお尻の穴が丸見えだもんね。
そういうとこまで愛しいと思えないと、生き物は飼えないかも。

ワンちゃんグッズで、お尻の穴隠しっていうのがあると知ってびっくりしたけれど。
白戸家のお父さんだって、後ろ姿で尻尾を振り回す時、CGで消してたし。
つまり、気になる人は気になるのだろう。

でも、ちょっと画期的デザインと思っていたポムポムプリンのお尻の穴が、
実はプリンくんという名のゴールデンレトリバーだったと知ってしまった今となっては、
なんだか当たり前に思えてしまって、少しだけ残念。

…という記事を書いていたら、可愛い柴犬が、熊から男の子を守ったというニュースが…。
なんて良い子なんだ!久々の良い話や~。
普段臆病な子だというのが、また良いなあ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

猪!鹿!蝶!番外編

蝶!


先日の記事を書くのに、はずかしながら、自分の過去記事を読んでみた。
「猪!鹿!蝶!」という記事だ。
ここはひとつひとつの記事の下に、広告が出ないような設定にしてあるのだが、
しばらく経つとどの記事にも広告が出るらしく、その記事にもちゃんと出ていた。

ただおどろいたのは、その広告。
「楽天/イノシシもセール価格」「いま売れているイノシシを探すなら」
というものだったのだ。
ほんとうなの?ほんとに、イノシシがセール価格で?

すんごく興味があるけれど、怖くてまだクリックできていない。


猪?

歯科!


写真はこんなところで勘弁してください。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

猪!鹿!蝶!その2

♪恋人もいないのに~


放送中の連続ドラマの主人公、杏さん演じるところの花咲舞。
彼女の正義感の原動力がわからん!
…という意見がちらほらと…。

が、

いたいた、ああいう女の子、私の周りには。
私は幾つかの小学校と中学校に通ったけれど、
どの学校にもそんなヒーローが、ひとりはいたのだ。

誰かが嫌がらせされていたりするのを見ると、
通りすがりに「何やってんの?ばっかみたい!」
みたいなことを思わず言ってしまう。
(そんな時、眉間には縦じわが…)

彼女は人望があって、教師にも生徒にも、不思議と人気があった。
みんなその子に軽蔑されたり嫌われたりしたくないので、その言葉で静かになってしまう。
男子はしがらみがあって、素直に正義感を見せられないので、気の毒なのだけれど。
(おまえ、あいつのこと好きなんだろう!とかね)
(女子も大人になると色々あるので、ドラマのようにはいかない)

中学校の時の転校先にいた舞ちゃん(仮名)。
人の良い所とか悪い所という言い方は、私はあんまり好きじゃないけど、
彼女はそういうひとりひとりに、素直に気づく人だった。
(王様は裸だ!とかね)

私は転校してはじめの1週間、困るくらいにみんなに親切にされ、
ちょっと薄気味が悪いと感じていたのだが、
後で「今週の目標:転校生に親切にしよう」ということだったと知って、ショックだった。

その悪意の無い悪意である今週の目標が終わってから、親切の嵐は去り、
正しい悪意がはじまり、私の机の中にはゴキブリが入っていたりするようになった。
私は北国育ちなので、そんなもん、珍しいクワガタの一種にしか見えなかったけれど。

で、「何これ~何ていう虫~?」とかやっているうちに、嫌がらせは無くなっていった。
そして卒業間近の心が不安定な中学3年生のクラスに、私は融け込んでいった。
それは舞ちゃん(仮名)のお陰でもあるのだけれど。

私たちはいつの間にか仲良くなり、休み時間に廊下の隅で、一緒に歌うようになった。
彼女は歌が上手く、当時の私は即興でハーモニーをつけるのが得意だったので、
お気に入りのフォークソングや教科書に載っている歌を、いつもふたりで歌っていた。

そして最後には先生の許しを得て学校にギターを持って行って、
クラスの他のみんなと合唱するまでになった。
前に書いた、放課後に一緒に花札やっていた友だちのひとりは、舞ちゃんなのだ。
(2013年8月5日の記事「猪!鹿!蝶!」参照)
(もちろん賭けてません←ここんとこ強調)

で、今日の写真は、当時ふたりでよく歌っていた、シモンズの歌にちなんで。
♪こ~い~びともいな~いのに~バ~ラ~の花束~抱いて~♪
ってやつ。
(ご存じない方、「白い色は恋人の色」のベッツィ&クリスの日本版と思ってください)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

お知らせ

ヤグルマギク


都合により、コメント欄の返事(お礼のことです)を控えさせていただくことにしました。
もちろん書き込みは今まで同様、できるようになっております。
拍手にお礼ができないなんて、なんだかとっても失礼。
そのぶん、がんばってできるだけ更新いたしますので、これからもよろしくお願いします。

今日の写真は私の好きな矢車菊。
関東地方は梅雨入りしてしまったので、そろそろこの花も退場。
青いのが王道なんだけれど、手前に咲いていなかったので、今回は薄紫が主人公。
でも、どの色も良い感じです。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にげろ!

これから咲きますよ

咲きました


日曜日、山手線のとある駅前の喫茶店で、友だちふたりと待ち合わせる。
ゆっくり食事をして、つもる話をする。
考えてみれば、このメンバーでダービーの日に、競馬場もWINSも無い街にいるなんて。
…なんかおかしいよね…などと言ってみる。

と言うのも昔この3人で、よく競馬場に行ったのだ。
スッピンで行っていたのに、私たちはテレビ局に取材され、
ひとりのほうはそれを見ていた知り合いから電話がかかってきて、
「見たよ。熱く語っていたね」などとひやかされたそうだ。

それから彼女は化粧して競馬場に来るようになった。
私でさえ、日焼け止めくらいは塗るようになった。
(競馬場はおそろしく日焼けするのだ)
…などという思い出話の後、
私たちは駅前の大型電気店の、テレビが沢山並んでいる階に向った。

だって今日はダービー。
私は20年ぶりくらいに、そして友だちも、馬券を買っていたのだ。
けれども地上波を流しているテレビは見当たらなかった。
どのテレビも既存のビデオ画像を流しているだけだ。

どうしてかな、著作権の問題でもあるのかな。
などと言いながら、店を変えて、さらに売り場を歩く。
そしてやっと地上波を流しているテレビを見つけた。
「リモコン使ってみてください」という店員さんの言葉に、チャンネルを替える。

するとその店員さんがすこし慌てて、
「あ、NHKはご遠慮願えますか?」と言う。
フジテレビにすると今度は、
「あの…競馬はだめなんですよ、すみません」と言われた。

私たちは「???」となる。
「競馬中継をつけていると、人が集まってくるので困るんです」ということなのだそうだ。
今は情報がすぐに伝わるので、ツイッター等で、
駅前の電気店で競馬中継見られるよ!ってなことになるのかもしれないが…。

もう発走直前なので、今からそんなに集まるとも思えない。
けれども店員さんは、上からそう言われているのだろう、迷惑はかけられない。
私たちも大人なのだ。
それ以上ずうずうしくもなれないので、とにかく急いで店を出た。

店の前でケータイを開くと、馬たちはもう、ゲート前に集合して、くるくると輪乗りの状態。
けれども電気店の音がうるさいので、音がまったく聞こえない。
マナーモードにして、車道側の歩道の隅に、邪魔にならないように集まって、
ワンセグの下に出る字幕の文字を私が読んで、実況だ。

さっきから3回くらい駅前と書いたが、
実は私、エキマエという名前の馬の、複勝を買っていたのだ。
複勝とは、その馬が3着以内に入ればアタリ…という馬券。
1着を当てる単勝よりも配当は少ないが、人気の無い馬の複勝は、けっこう付くのだ。

エキマエの複勝はいくらだったか知らないが、
前日オッズで単勝は150倍くらいだった。
複勝もそこそこ付くだろう。
もしかしたらもしかして、3着くらいに来る可能性も、0ではないでしょ、それが競馬。

そのエキマエが、大逃げを打っている。
他馬を大きく引き離して、緑の帽子が先頭を走っている。
ああ、このワンセグ、設定が変わってしまっていて、画面がものすごく小さいのだ。
私は駅前の電気店の店頭で、「エキマエ!エキマエ!」と、叫んでいた。

「エキマエ~にげろ~」

けれども彼は4コーナー手前で、小さな液晶画面から消えた。
字幕に、エキマエ競走中止!という不吉な文字が…。
彼に何かが起きたのだ。
そうだ、競馬って、これがあったんだよ!でもそれも競馬なんだっけ…。


家に帰ってネットで調べると、騎手の好判断で大事に至る前に止められたので、
エキマエくんは、大怪我にならずに済んだようだ。
馬は止まれと言わないと、どこかが痛くても、走れる限りはそのまま走り続けるのだ。
でもこれで、久々に応援したい馬ができたかもしれない。

そう言えば馬券を買う時は急いでいたのでよく調べなかったけれど、
彼は母系にアラホウトクがいるのだ。
彼女は往年の桜花賞馬。
私がお馬さんの追っかけをやっていた頃に活躍した、名前も顔も知っている馬なのだ。

それもこれも競馬。


本日は長々と、最後までおつきあいくださり、まことにありがとうございます。
冒頭の写真は私の知らない花で、下の写真はその隣に咲いていたニゲラという花です。


ニゲラ!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

プロフィール

葉牡丹

Author:葉牡丹
二つ折りケータイで撮っています。
コメント、拍手コメント、
どちらも返事は返せませんが、
まったく悪気はございませんので、
よろしくお願いいたします。

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

arigato.

現在の閲覧者数:

お気に入り登録

いつもarigato.

link

最新記事

他の記事もどうぞ

ブログ内検索フォーム

counter

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。