スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れのちブルームーン

終わりかけのブルームーン


子供の頃、カメには脱走され、アリに餌をやることさえ思いつかず、
大人になってからは、サボテンやエアープランツでさえ枯らしてしまうダメダメっぷり。
冬の間にいなくなったカメは、春になって雪が融けると、窓の下で甲羅だけが見つかった。

そんなふうに、私は生き物を育てることに向いていない。
ブルームーンというバラの香りが好きなのだけれど、
自分を律して、けっして買わないようにしている。

庭で育てようとは思わないけれど、
この間ついでがあったので、ブルームーンの匂いを嗅ぎに、植物園に立ち寄った。
匂いを嗅ぐくらい、許されても良いと思うのだ。

今年は暑かったせいか、お目当ての花は、既に随分しおれていた。
けれども私の目的は匂いを嗅ぐことだったので、早速くんくんしに…。
…いや、最初からまっしぐらに花のところへ行けばよかったのだけれど…。

私はまず、持っていた荷物を片付けたかったのだ。
で、ベンチに座ってコンビニで買ったフィッシュ&チップスを食べ、オランジーナを飲んだ。
お腹の中に入ってしまえば、あまり荷物にはならない。

そしていざ、花の近くへ…。
だがしかし!
あれ…?なんだかいつものように匂わない。

首を傾げつつ嗅いでいると、ツアーのお客さんたちが近づいてきた。
「あまり開いていない、そう、ちょうどそのくらいの開き具合の花が、良い香りがします」
と、その時、今まさに私が嗅いでいる花を、ガイドさんが指差したのだ。(びしっ!)

するとツアーのおじさまたちが、私と花の間に一斉に割り込んできて、
私の嗅いでいた花の匂いを嗅ぎはじめたのだ。
おいおい!

「おお、良い香りだねえ」
みなさん口々に…。
ええっ?おかしいな、私、今日のバラは、香りが弱いと思ったのだけれど…。

私は自分で、ひといちばい鼻が利くほうだと思っていたのだ。
で、思いついた。
これはきっと、フィッシュ&チップスのせいなのではないかと。

もしかしたら揚げ物を食べると、鼻が利かなくなるのではないか。
油の匂いに打ち消されて、花の香りが立たなくなるのではないか。
…と思うのは、私だけだろうか。

(ついに鼻までやられたのか?…)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

競馬場は食堂

パドック


買わないと負けない!
と言った舌の根も乾かないうちに、
なんと私、競馬場へ行ってしまった。
(今世紀初)

友だちに誘われても行かなかったのに、
タイミングが合って、行ける時は行けてしまうもので。
ただオークスがあった日曜日ではなく、土曜日だったのだけれど。

ちょっと寄って、スタンドで牛タン弁当食べて、1レースだけ買って観戦して帰ってきた。
目当てのレースや馬があった訳でもなく、突然行くことになったので何の準備もなし。
着いたのも遅く、プログラムも無くなっていたので、パドックで馬を見て決めた。

ここ数年は持ち物を減らすようにしているので、筆記用具も無く、
久々で勝ち馬投票券ってやつの記入方法もわからず、締め切りは迫るはで焦りまくり。
通りすがりのおねえさまやおじさまの助けを借りて、何とか買ったのだった。

まあ、外れたけど…。
ああ!でも面白かった。

こうやって、ちょっと立ち寄って1レースだけ観て帰るっていうやり方もあるんだな。
体力も自分の時間も無くなっているけれど、これなら出来るのだ。
入場料200円だしね。

そうです、私、強がっておりました。
行きたかったのです、本当は、競馬場。
緑の芝生が昔よりも、深く美しくなっている!

まあ、外れたけど…。
ああ!でも面白かった。

いちおう証拠として、パドックの写真。
でもこれで、私の負けない記録は崩れてしまった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

勝負運

花勝負


あんまり競馬中継も見なくなってしまった。
最後に競馬場に行ったのは、エルコンドルパサーがジャパンカップに勝った年だから、
1998年のことだ。
大きいレースがある時くらい、せめてテレビででも観ようと思う。

でも、馬の顔やキャラクターをちゃんと憶えていないので、
やはり毎週続けて観ていた時ほどの面白さは味わえないのだ。
残念なことに。
この辺、連続ドラマと共通するところがあるかもしれない。

一家そろって競馬ファンという友人がいるのだが、
彼女の職場に、最近ネットで馬券を買うようになった人がいるらしい。
元々やってはいたのだが、よりお手軽に買えるようになったのだ。
で、その方がなかなか強気の人で、単勝120円とかの本命を1点買いするらしい。

今年の天皇賞はキズナの単勝1点買いだ!と豪語していたとか。
しかし、ご存じの方もおられることと思うが、
人気馬キズナは、直線それなりに伸びてはいるのだが、らしくない走りで4着となった。
やはり…というか、調べたら骨折していたらしい。
(復帰できるそうなので、ほっとしたけれど、折れてても走るっていうところがもう…ね、涙)

どちらにしても、馬券を買う人からみれば、
賭けたお金は当たらなければ0になるのだ。
単勝の配当が120円とかだと、1万円買っても2000円しか儲からないので、
男性だし、幾らか知らないが、多分その方は、いつも沢山買っているのだと思う。

実は私、1度だけ本命の馬の単勝を、がっつり買ったことがあるのだ。
ちょっと単勝いくらついたのか、調べてもわからなかったのだけれど、
1989年のエリザベス女王杯、ダントツ一番人気のシャダイカグラという牝馬の馬券を、
がっつりと言っても、い…いちまんえん…。
(今、なぁ~んだ、と思った?)

男性諸氏、あるいは女性でも常習者のみなさんは、
ギャンブルなんだから、1万円くらい買うの当たり前と思うかもしれないけれど、
私は0になるかもしれないものを、1万円なんて、ぱっとは出さないのだ。
いつも言っているように、私は小銭ギャンブラーなのだ。

それをその時は、思い入れが強すぎて、1万円も買ってしまった。

結果は、中にはご存じの方もおられるかもしれないが、
彼女は靱帯断裂という大怪我をおって、そのレースを最後に引退してしまった。
私はショックのあまり、後から振り返って見ることもなく、
配当なんて見もしなかったけれど、とんでもない歴史的高配当になったそうだ。

世の中絶対は無いのだ。
どんなに強くても、勝てないこともあるのだ。

で、冒頭で書いた友だちの会社のキズナ1点買い宣言の人だけれど、
翌日職場で会ったので聞いてみたらしい「キズナ買いましたか?」と。
するとその人は、「あ、忘れてたよ!」ということで、
なんと、買っていなかったのだ!

やっぱりそういう人は、勝負強いのね。
「買わないと当たらない」という名言を放った人がいたけれど、
「買わないと負けない!」
これも名言かも。

だから私はもう何年も、1度も負けたことがないのだ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

鴨のお散歩

めおと職人


お寺の参道を歩いていたら、石畳の上を一羽の鴨が、こちらに向かって歩いてきた。
緑の頭がきれいなマガモが、のんびりと、左右の店を見ながら歩いてくるのだ。
ど、どうした!お散歩か?…と思って立ち止まり、見送ってふりかえると、
数メートル先の小さな池に、ちゃぷんと降りた。

「鳥なら横着しないで飛べよ!」
思わず声に出して叫んでしまった。
おそらく、反対側の大きな池から来たのだろう。
ヒナを連れていたわけでもないし、だいいち雄だったので、ちょっと謎。

まあ、これだけ近いと飛ぶのに助走するのも面倒なのかもしれないけれど、
参道の土産物屋さんとかお団子屋さんをのぞいている風情で、
なんだか可愛らしかった。
どういうつもりだったのか、鳥の気持ちまではわからない。

で、今日の写真は別の日に、違うお寺で撮った写真。
たんきり飴の職人さんに交じって、マネキンが包丁をトントンやっているのだけれど、
包丁が当たっている部分のまないたが、物凄く、恐ろしいまでに深く切れているのだ。
それでも職人夫婦は無表情で、無心に包丁を動かしている。
(かなり怖かった)

写真の一番左側は生きている人間の女性なので顔を撮らないようにしたのだが、
パソコンで見ると、左手前に、全部は写っていないけれど、サイン色紙が飾ってあった。
「あ、これ!モヤモヤさまぁ~ずのロゴじゃない?」と気づいて、大きくしてみる。
するとやっぱり!昨年1月にここに来てたのね、大江さんの名前もある。

気を使わずに、もっと左側を撮ればよかった~。
お散歩鴨も見とれているうちに池に入って、普通のマガモになってしまったし…。
で、今回も久々の更新なのに、特にスクープは無いのであった。


色紙


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

ディラン効果

けっこうなテルマエで


気がつけば、一週間更新していなかった。
実はずっと、パソコンもケータイも使えない、南の島の別荘で過ごしていたのだ。
そこは時計も無く、電気も無い……んな訳ない!
一度映画に行っただけで、いつもどおりの生活でございました。

そんな私の頭の中で今、同じ音楽がぐ~るぐるしている。
こういうことってよくあるけれど、これはイヤーワームという現象なのだそうだ。
川原泉の漫画でずっと前に読んで、ディラン効果というのだと思っていたのだけれど、
最近聞いた話によると、これは川原先生が考えた言葉の可能性もあるらしい。
(ウラもとらずにまんまと騙されていた)

ぐ~るぐるしているのは、とある上映中の映画を観てからなのだけれど、
イヤーワームかディラン効果か知らないが、どちらにしても今、私の頭の中では、
「♪ヘイヘイホ~」という音楽が、繰り返し繰り返し、ずっと流れ続けている。
ということは、その曲は、洗脳ディズニーソングではありません。

その曲は北島三郎の「与作」!なんの映画で流れていたのかは言わないでおこう。
これをネタバレと言って良いのか悪いのか…だけれど…。
いずれにしても、ご覧になられた方は「そうそう、あれね!」と思われることと思う。
(写真でバレバレだけど)
あの曲のギターがかっこいいんだよねー。

これから行かれる方、映画館でその場面を見ても、「あ!」と叫ばないでね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


プロフィール

葉牡丹

Author:葉牡丹
二つ折りケータイで撮っています。
コメント、拍手コメント、
どちらも返事は返せませんが、
まったく悪気はございませんので、
よろしくお願いいたします。

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

arigato.

現在の閲覧者数:

お気に入り登録

いつもarigato.

link

最新記事

他の記事もどうぞ

ブログ内検索フォーム

counter

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。