芸能・音楽
What a Wonderful World
(0) cmts.   (0) tbks.
ゴジラ in 二子玉川

「クソ野郎と美しき世界」、面白かった。
何でもケチつける旦那さんも楽しめたようで。
園子温けっこう好きみたいだからな。

ってなんじゃそりゃ?ですか?現在公開中の映画です。
気になっている人は明日にでも行ってください。
2週間限定なので、19日(木)には終わってしまいます。

ほとんど宣伝していないにもかかわらず、口コミで広がったみたいで。
週末、東京都内の映画館は前日から完売だったそうです。
平日でも、夕方の回はお早目に。
(映画館によっては昼間の回しか無い所も)

って、もっと早く教えてよ!っていう話ですよね、すみません。
ひとまずお知らせ。
んじゃね!
(もう席が無かったらほんとにごめん何しろ全国86館のみなので)

今日の写真は二子玉川の映画館のゴジラです。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

ノンセクション
春うらら
(0) cmts.   (0) tbks.
ハルウララ


花粉飛び交う春3月、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
マスクをしておられる方、インフル予防なのか花粉対策なのか、
どちらかわかりませんが、電車に乗ると半数以上の方がマスク民ですね。

そんな中、マスクもせず無防備な状態で電車に乗っている私。
寄る歳波、既に顔に自信があるわけでもありませんが、
せめてもと施した化粧が白いマスクに付着するのがなんとなく厭で。

先日も某所で友人と会うために、ノーマスクで電車に乗りました。
都心に向かう電車では、空いていれば進行方向に向かって左側の席に座ります。
右側に座ると直射日光で首筋だけが三日月型に日焼けしそうな気がして。

斜め前に座っているお姉さんがコンビニの袋を幾つも持っていて、
その中から次々とお菓子等を取り出して、食べたり飲んだりしておられます。
それをぼんやりとながめつつ、イヤホンを耳に装着する私。

そしていつの間にか、あまりにもうららかな春の日差しを受けて、
ウトウト気持よくうたた寝してしまいました。
でも大丈夫、降りる駅に着くと自然と目が覚めるのです。

いつものごとく間もなく目が覚めた私。
あ、そういえばケータイをマナーモードにしていなかったとふと気付き。
(あいかわらずブログ開始当初の旧型機器を使用しております)
開けて見るとメールが届いていました。

友人より「約束、今日じゃなかったっけ?」
え?
落ち着け、私。

ケータイの時刻を見ると、既に待ち合わせの時刻になっているではありませんか。
どゆこと?
私、家を出る時間を間違えた?
(若かりし遠い過去に2回ばかりやらかしている)

あれ、そういえば電車、反対方向に走っているような気がする。
え?
落ち着け、私。

窓外を見ると、電車は左側に向かって走っています。
あ、そうか、良いんだ、進行方向に向かって左側の席ならば、
それで良いのです。

あれ、そういえばこの駅、さっき通った気がする。
え?
落ち着け、私。

間もなく車内の電光掲示板には、次の停車駅として、最初に乗った駅名が。
なんと、ほんとうに反対方向に走っていたのです。
ちなみにこの線は山手線みたいな周回する線ではありません。

とりあえず友人に何が起きたのかという事と、必ず行く旨をメールしつつ、
ドアが開くなり連絡通路への階段をダッシュで上り、反対側のホームへ。
来た時と同じホームから、ふたたび電車に乗りました。
(とても寄る歳波の技とは思えないけれど)

長い付き合いの友人たちは少しも怒った顔をせず、
喫茶店でコーヒーを飲みながら待っていてくれました。
しかし何故、寝ている間に反対側の線路を走る電車に乗っていたのでしょうか。

もしかしたら途中で折り返す車両があるのかも知れませんが、
長年乗っているけれど、見たことがありません。
それにずっと左側に座っていたのですから、おかしな話です。

これでは折り返していたしてもUターンしなければならず、
転車台のような物があるという話も知らないので、
もしかしたら違う世界線に飛ばされたのでは…などと話はSFの世界へ。

友人の知り合いに、電車に乗っている間に意識が無くなって、
気づいたら駅のホームに座っていたという方がいて、
記憶を無くす病気だったとの話まで出てしまい。

でもその方はたぶん気分が悪くなって無意識に電車を降りたのでしょう。
誰だって記憶を無くしていたとしても、理由の無い行動はとらないのです。
私だってわざわざ階段を上って反対側のホームに行くとは考えづらいのです。
(途中駅はほとんどそういう作り)

これが他の線に乗り換えて違う路線を走っていたとか、
同じホームの反対側の電車に乗り換えるならわかりますが、
普段やらないような事を、ふらふらした状態ではやらないと思うのです。

家に帰ったらゆっくりネットで調べてみようという事で、
私もこんな状況にもかかわらずあまり不安感も無かったので、
その後ビュッフェなど食べに行き、1日を楽しく過ごしました。

ところが友人と別れて、帰りの電車に乗って吊革につかまったとたん、
思いだしたのです。
今朝の事を鮮明に。

ホームで何時何分発の列車を選んで乗ったのかも思いだしましたが、
私、最初に左側の席に座った時、近くに香水の匂いがきつい人が座っていて、
席を移動していたのです。

右側に!

それを忘れていました。
そうです、私が右側に座っていれば、すべての問題は解決するのです。
私は寝たまま終点まで行って、寝たまま折り返していただけだったのです。

ほんとに有りがちな、つまらない結末ですみません。
軽く心配しているであろう友だちにも、すぐにメールで知らせました。
座ったらウォークマンはしないという誓いの言葉と共に。
(守られるかどうかは既に自信が無い)

ああそれにしてもマスクをしておけば良かった。
もしかしたら爆睡状態を知り合いに見られていたかもしれません。
あれだけ長時間ぐっすり眠っていたのですから。

で、結論としては世の中、真実はあんがいシンプルなもんです。
って事で…。
へへっ(*^_^*)

春…ですね。
(眠い)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


芸能・音楽
星屑男
(0) cmts.   (0) tbks.
小さな天文台

観なくなったと言っておきながらまたまたテレビの話でまことに申し訳ないのですが、
タモリ倶楽部を観ていたら、阿佐ヶ谷姉妹がスーパー西友のBGMのセンスが良いと。

そうそう、それ私も気づいてはいたのです。
西友は近くに無いのでめったに行かないのですが、
昨年の事、家族の通院ついでに何度か買い物に行く事になりました。
そこの店内でデヴィッド・ボウイのジギースターダストが掛っていたのです。
何日か通いましたが、毎回流れました。
しかもインストルメンタルではなく、ご本人歌唱のオリジナル版。
彼が亡くなった直後の事でした。

しばし立ち止まってあたりを見回しましたが誰も気にも留めていない様子で。
知らないおばあちゃんに「ここのパンはおいしいのよ」と話しかけられてしまったり。
私は誰かに言いたくて仕方がない気持ちをおさえつつ、
バナナをそっとかごに入れたり、買わないポテトチップスを手に取ってみたり。
…てな事があったのを思い出しました。

で、番組の中で知ったのですが、どうやら西友は何年か前にご縁があって、
店内BGMをピーター・バラカンさんに依頼されたのだとか。
へええ!どうりで!と思って調べてみると、
それをきっかけとしてInterFMのディレクター等が関わったりしているらしく。
それは既に単なるBGMではないですよね、贅沢なお話です。

カカクヤスクなのに、ね。
(西友の宣伝みたいになってしまったかもしれない)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

ノンセクション
顔を替えてみました
(0) cmts.   (0) tbks.
赤レンガ倉庫(yokohama)

…とはいえ整形した訳ではございません。
テンプレートを替えてみただけです。
私自身がちゃんと人の名前を覚えないほうなので、
誰だか分からなくなるかも…と、何年も同じものにしてきましたが、
プロフィール写真で思い出していただければ幸いでございます。

またまた海外へ行っておりまして…と、
そんな訳もなく横浜の赤レンガ倉庫の写真です。
お前は高田純次か!と自ら突っ込んでみてふと気づく。
「じゅん散歩」ってローカル番組?全国放送されていないのかな。
純次さんが毎回「こんにちは、キアヌ・リーブスです」とか言うやつ。

ちょっとだけ高田純次さんがツボなのです。
あと、ナスDと夏井いつき先生。
以前に比べて恐ろしいくらいテレビを観なくなりました。
少なくとも点けっぱなしにはしなくなりました。
やっとブラウン管テレビを卒業したのに、ね。

もしかしてこれ、今年初の更新ですか?
あ、それは失礼いたしました。
あけましておめでとうございます。
と、いちおう言っておこう。
次の更新も同じ事を言うはめになるかもしれないけれども。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

ノンセクション
卵の親父はピヨコちゃん
(0) cmts.   (0) tbks.
め・だ・ま・や・き・クラゲ


水族館に行った時の写真が続いていますが、
これはフライドエッグジェリーフィッシュと言って、
その名の通り、目玉焼きのように見えるクラゲです。

TVでも取り上げていたことがあるのでご存じの方も多いと思いますが、
ネットで調べてみると、もっと目玉焼き感の高い写真が多数。
でも私の見たこれは、ほんとにまあまあこんな感じ。
(二つ折りケータイのカメラだし…と、元々言い訳するための二つ折りケータイ)

触手の形が違っていたりもするので、産地によって色々種類があるのかな。
で、何故に今日はこの写真からはじまったのかというと、
卵の話をしたかったので。

何年か前、我が家の玄関先にある椿の大木に、
ヒヨドリの巣があったという話をしたことがあります。
調べてみたら2013年4月4日だったので、どうやら2012年の出来事のようです。

で、今年はキジバトが巣を構えているのです。
あの、早朝に田舎の農道を歩いていると聞こえてくる、
「ぽーぽーすっぽぽー」と長閑に鳴くやつです。

玄関を出てすぐの所にあるので、本来なら大変迷惑。
このあいだ遊びに来た弟が、さっそく肩の上にフンを落とされたり。
けれども誰にも憎まれず、呑気に卵をあたためておりました。

だってこれがですね。
ぱちくりと可愛い目を見開いて、身じろぎもしないでこちらを見ているのですよ。
瞬きもせず、ほんとにぴくりとも動きません。

旦那さんが最初に見つけた時は近づくたびに逃げていたそうなので、
卵を温めるのが本格化したのでしょう。
動かない方が目立たないのだと思います。

で、しばらく見守ることにしました。
追い払うなんて、そんなことできません。
向こうも慣れてきたのか、「おはよう」というと、動いたり瞬きをしたりするようになりました。

私たちに場所を知られても安心と思うようになったのでしょう。
けれどもそれ以外はほんとに動かないので、どこにいるのかわかりません。
ああいう鳥って普段どこにいるのか疑問でしたが、案外身近にいたのですね。

で、ほんとうは名前をつけると何かあった時に嫌なのですが、
旦那さんなどはポッポと名付けて、毎朝あいさつしておりました。
もう、完全にペット状態です。

そんなある日の午後のことです。
ふたりとも食卓でPC作業をしていたところ、ポッポの叫び声が。
「ぽーぽーすっぽぽー」と一声。

ほとんど早朝に鳴くことが多く、ましてや卵をあたためはじめてからは、
目立たぬよう、声も立てぬよう、巣を離れる事もせず。
じっとしていた彼女が、とつぜん鳴き声をたてたのです。

あまりに退屈で嫌になり、もうやってらんないぜ!との叫びだったのでしょうか。
ずっと巣にじっとして、おそらく餌も食べていないであろう彼女。
旦那はいったい、何処へ何しに行ったんだ!
(ぜったい浮気だと思うよ、やってらんないよ、ポッポちゃん)

…という事が一度だけありましたが、
どうやら卵は無事に育った模様です。
だって昨日の朝、旦那に教えてもらって巣を見ると…。

…ヒナが孵っていたのです。
そりゃあもう可愛らしいふわっふわグレーのヒナが見えます。
親鳥の口元に群がって、首を伸ばして餌をもらっていました。

キジバトの餌はピジョンミルクというのが親鳥から分泌されるらしいので、
しばらくの間ヒナはそれで大丈夫なのだろうけれども、母は飲まず食わずなのだろうか。
それにしても卵の親父、ピヨコは何処行ったのだろう。

早く、帰って、来い!


ポッポたち


これは昨日撮りそこねたポッポ母子なのですが、
よくわからないでしょ、それでもこのカメラではよく撮れた方だと思う。
肉眼で見ても何処にいるのか分からないくらい、ほんとに旨く隠れています。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

スポーツ
プールにもったいないお化けが出るよ
(0) cmts.   (0) tbks.
いるかのぷーる


甲州街道を車で走っていると、
味の素スタジアムの隣に、何か巨大な施設を建設しているのが見える。
調べてみるとこれは、武蔵野の森総合スポーツ施設(仮称)というものらしい。

竣工予定平成28年10月とあるので、
もしかしたらもう、完成しているのかもしれない。
この前通った時はまだ、建設中のようだったけれど。

で、もっと詳しく調べてみると、
ここはメインアリーナとサブアリーナ・プール棟があって、
プールは可動床なので水深調節で、3mにまでできるのだとか。

惜しいなあこれ、ちょっといじればオリンピックに使えたんじゃないのかなあ。
プールの水深は、オリンピック競技用としては3mほしいと言っている人を見た。
(だから辰巳はダメなのだとか)
ここは立派にクリアされているではないか。

しかも飛田給駅から徒歩5分とあるし、都心から近くて便利。
新宿からだと京王線で20~30分。
周辺に私有地じゃないと見うけられる土地が、まだまだ空いている。

近くに東京外国語大学があるので学生さんを通訳ボランティアとして使うこともできるし、
なんだったら期間中里帰り費用を出してあげて、
いない間に寮を選手村として使わせてもらえば良い。

新しく作るよりも帰郷費用のほうが安いし、
ちょうど夏休み中なので、留学生なんて大喜びなのではないだろうか。
これは前からちょっと思っていたことなのだけれど。

でもさ、偉い人がさ、絶対見直しは出来ないって言うからさ。
あきらめてたんだけどさ、ばんばんできそうじゃないのよ、見直し。
…ね。

でもこれもう完成しちゃったのかなあ。
ああもったいないもったいない。
もったいないお化けが出るよもう!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


文学・歴史
風に吹かれて風の歌を聴け
(0) cmts.   (0) tbks.
考えるセイウチくん ロング2


びっくりですね、しかも速報で出ましたよ、ノーベル文学賞にボブ・ディランって。
吟遊詩人だし、よく考えたら良いじゃないか!とは思いましたけれど、でも何故今?
ご本人コメント一切しないでシカト中っていうのもいかにもな感じでそれも良い!
それならそれでずっと無視しててください面白いから!と思いました。

それはそうと毎年、誰がなんで騒ぐのかわからないノーベル文学賞。
ムラカミさんの作風はブンガク賞向きじゃないと思うのだけれど。
そして毎回あんなに騒ぐのは、とっても失礼だと思うのだけれど。
と思っていたら、おぎやはぎのおふたりが発言されました。
(あんなに騒いで気の毒だ、ほんとにファンなのか?と)

私、ムラカミ作品は好きでけっこう読んでいるほうなのだけれど、
そう言うと聞いた人のリアクションが「???」となるのです。
ふだん私が好んでいるものと、同じ側のものだと思えないみたいです。
どんな趣味と思われているのか、こちらこそ「???」なのですが。

「ノルウェイの森」のせいなのかなあ多分、と思います。
どうやらムラカミ作品というとこれしか読んでいない人が多いみたいで。
ロングベストセラーというか定番で、いまだに本屋に行くとあるし。
映画化されてたりもして有名だし何よりそれほど長くもない…ということで。

で、これは俺には合わない…と思って、みなさん次は読まないようです。
もったいないね。
実はこれは私が読んだ中で、いちばん好きじゃない作品なのです。
好きなのは超長編小説で、しかも長ければ長いほど面白いと思っています。

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」とか、
「ねじまき鳥クロニクル」とか、読むのに躊躇する分厚い重い分冊のやつね。
最近聞いた話だと、「ノルウェイ~」はアジアでは人気だけれど、
ヨーロッパではあまり売れないとか。

そうなると欧米と亜細亜では彼の作品に対するイメージが、
かなり違うということなのかもしれません。
さきほど挙げた超長編小説は、かなりファンタジー風味なので。
ファンタジーとかSFは、ナントカ文学賞を選ぶ先生方はあまりお好みではないみたい。
(下に見ている人が多いのでしょうね、やな感じー)

もしムラカミ作品を敬遠している方がおられましたら、
秋の夜長、ためしに読んでみてください。
長~いなが~い、デカい弁当箱よりも分厚いやつを。
でも1冊が重いからね、手に取りたくないか。
(腰をやられそう)

で、今日の写真なのだけれど、先日八景島シーパラダイスに行ったら、
立ち泳ぎしながら静かにくるくる廻っているセイウチくんがいたのです。
これがね、肘を曲げて頬杖ついているような感じで、まさにロダンの考える人のポーズ。
このスタイルのままでゆったりと回転してるの。

すごくかわいくて、でもゆったりとは言えそこそこのスピードで廻っているので、
私の二つ折りケータイではベストショットというわけにはいきませんでした。
反対側からのショットのほうが腕の感じはわかるのだけれど、
このほうが表情が良い感じ。

で、シーパラ行った2~3日後のこと、風呂の中でワンセグを観ていたら、
TV画面にまさにこの子が!
えええええ~~~~~!
私知ってるよ、この子知ってるよ!

…となって。
それはEテレの2355という番組で、けっこう好きなので時々観てはいるのだけれど。
深夜0時になる直前の5分間に、面白い動画が観られる番組なのです。
「考えるセイウチ」と言っていて、実はけっこう有名人だったみたい。

何かを考えている表情ですよね。
海獣系ってすごく人感があって面白い。
中味おっさんでしょ?っていう。
私もせめてこれくらい考えたいと思います、色んな事。
(と、まさにこのセイウチくんのような状態で風呂に浸かりながら思った次第)


考えるセイウチくん アップ2


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

∧top